TP&HB's Favorites dedicated to 敬愛するアーティスト達に捧げた言葉

TP&HB 周辺の登場人物を ごくごく簡単に紹介します。




1990年に発売された The Byrds のボックス・セットCDのブックレット(ライナー)の終わりに、TP は次のようなコメントを寄せています。


The Byrds 『Flyte '65~'90』
SRCS 6987-90
The Byrds
僕のバーズ/トム・ペティ

僕が思うにバーズは、ロックンロールの全歴史の中でもほんのひと握りしかいないオリジナル・サウンドのひとつを生み出した。エルヴィス・プレスリー、ザ・フー、チャック・ベリー、そしてのちにはレッド・ツェッペリンやラモーンズのように、バーズは後のポップやロックの大半に影響を与えるものを生み出した。

オリジナル・メンバーの誰ひとりとして、ロック畑の出身でないことを認識するのは重要なことだ。そういったところから彼らは、フロリダ州ゲインズヴィルにいた僕ら10代の未経験な若者を、フォークやジャズ、ブルース、カントリー、ブルーグラス、マドリガル風のハーモニーといった、もろもろの音楽に触れさせてくれた。"A Hard Days Night"に続くあの時代、バーズはアメリカ人が誇れるほとんど唯一のUSロック・グループだった。

しかし、それは昔のこと、今は今だ。もしも君がこれらのトラックを今回初めて買うのなら、この先何ヶ月も退屈せずにすむだろうし、また僕のように彼らの歌詞の一語一句まで知っている人であっても、やはり、同じようにあの心地よさに浸り、たぶん微笑みを浮かべることだろう。

(1990年 L.A.にて)


1997年5月6日、Rock and Roll Hall of Fame 授賞式において、TP が Buffalo Springfield を紹介。その際のスピーチはとても詩的で美しいものでした。
Buffalo Springfield
Buffalo Springfield was born in 1966.

They were blonde and brunette. They were fringe and paisley. They were the city and they were the canyons. They were the Sunset Strip and the Whisky A-Go-Go.

They were three great voices and they were poets. They were electric and they were an absolutely new acoustic. They were ominous and they were a country morning. They were Cuban heels and moccasins. And they were Gretsch guitars and Fender amps. They were duelling guitar solos - one fluid and bluesy, the other fuzzy and angry. They were beautiful harmonies. They were a psychedelic orchestra.

They sang of children's claims to fame, broken arrows and for what it was worth. They were immeasurably influential and they begot many more groups that would make more silver and gold music throughout the decades to follow.

They were most of all, Stephen Stills, Richie Furay, Neil Young, Dewey Martin and Bruce Palmer.
Ladies and Gentlemen, the Buffalo Springfield.






The Zombies のボックス・セットに寄せたコメント。


ゾンビーズ 『ゾンビー・ヘブン』
VSCD-1427~30(I)
The Zombies
FORWARD-まえがき

もし君が、60年代半ばに彼らが初めて登場した時にこの音楽を聴く幸運に恵まれなかったのなら、その魔法の真髄を知ることは決してないだろう。ある寒い朝、家のラジオから流れてきた「シーズ・ノット・ゼア」は、私と、疑うことを知らない私の弟に完璧な魔法をかけた。学校に行くために身支度を整えていた私たちは、これはゾンビーズの曲だ、とDJが言うのを聞いた。私は"当たり前さ。まさにゾンビーズって感じのサウンドだよな"と思った。弟が何を思ったかは知らない。
彼らの音楽は、天の大気だった。未知の世界からやってきたグルーヴと粗いヴェルヴェットの歌声。ジャズ、R&B、時にはカントリーさえもが、その中に溶け合っていた。卓越したハーモニー、超クールなベース・プレイ、寸分の狂いもなく刻まれる全てのビート。

1965年、私は"生きている"ゾンビーズを見た。ベース・プレイヤーのストラップにはあらいぐまの尻尾がぶら下がっていて、ロッド・アージェントは「サマータイム」で14歳の私には想像すらできないようなソロを弾いた。しかし何かすごいことがステージ上で起きているのだ、ということはわかった。ヒット曲しか知らないこんな若造たちを前に、これほど素晴しい演奏を見せる彼らに感銘さえ受けた。もし今の世の中にゾンビーズのようなグループが現われたなら、きっと世界を手中に収めてしまうだろう。

そんなわけで、もし君が当時体験できなかったとしても、今からその真に偉大な音楽に浸ることはできる。さらに私よりも若くして彼らの音楽を楽しむこともできる。でも私は逆の立場だったらよかった、とは思わない。だって昔も今も私は彼らの音楽に夢中だから。

何よりもクールだったゾンビーズは、今もクールだ。

トム・ペティ 1997





200年に再発された The Beach Boys のCD『Holland』に、TPがコメントを寄せています。


The Beach Boys 『Holland』
TOCP-65568
The Beach Boys
Much of this disc was intially recorded in Holland. However, resident genius and leader Brian Wilson did not make the trip. Brian was strugging with his much documented emotional and mental problems at the time, leaving the rest of the boys to share the composing and production chores that had almost always been Brian's forte within the group. Happily for us they more than rose to the occasion and indeed Brian himself came through with two great songs, the first being the album opener, and now something of a classic number, Sall On, Sailor. With Bruce Johnston's defection The Beach Boys added two South African musicians, Blondie Chaplin and Ricky Fataar, on guitar and drums respectively, into their permanent lineup.

It is Blondie takin' the lead vocal here onSall On, Sailor. Dennis Wilson offers two compositions to this LP. The whimsical Steamboat and the romantic brother Carl.

It is fun to admire the different vocal timbre of The Beach Boys as they each sing lead throughout Holland. Al Jardine and Mike Love are both familiar sounds as they sing their composition California Saga. The group's voices are all similar and distinctive at the same time making the lush harmonies, when they join together, all the more wondrous.

Not enough can be said about the greatness of Carl Wilson's talent, never more obvious than in this LP. Carl co-produces every track here, and his vocal on his song The Trader is, well, something of a miracle. The Trader may be the best piece of work ever by a man who did many, many, great vocals. The Trader is the centerpiece to Holland and all these years later still leaves me with my mouth hung open when I hear it.

The sequence of tunes is beautifull, The playing shows The Beach Boys to be one of the U.S.' strongest rock bands at this time. I saw this line-up in concert several times and the shows seemed not only contemporary, but perhaps a little ahead of us all.

Brian's second offering Funky Pretty, again with Blondie singing lead, ends the album leaving the listener in a great place. When issued on vinyl way back when, the LP included an extra 7" disc called Mt. Vernon And Fairway-A Fairy Tale, whici is just that, a fairy story with narration, written and composed by Brian Wilson. It is included in this CD package. Certainly nothing to do with Holland. One wonders why it was included with the original album. Listening to it, for me, is a little bit hard. At best I  would call it "weird".

But then these are the people and personalities who made that wonderful thing that was more than the sum of its parts. The Beach Boys.

Enjoy,
Tom Petty, 2000






2004年3月15日に行なわれた「ロックの殿堂」授賞式で、TPは Jeff Lynne と一緒に、George Harriosn へのプレゼンター役を務めました。

George Harriosn
何年か前、George に「Billboard Lifetime Achievement Award(*1)」で、プレゼンターとして話すよう頼まれたことがありました。そのスピーチで、彼は「ビートルズにいたことは、自分のソロ活動に対する妨げにはなってない」と語りました。(観客笑) 彼は、まずビートルズのメンバーとして、この素晴らしい殿堂に入りましたが、今夜は、ソロ・アーティストとして、2つ目の殿堂入りを果たすことになります。(歓声)

創造的な作曲家として、ステージ上でもオフでも、レノンとマッカートニーの横に立つことは、本当に大変だったはずです。しかし、そこで技法を学んだ彼は、素晴らしい作曲家となり、"Something"、"Here Comes The Sun"、そのほか多数の古典を生み出しました。彼はあまりにも多作になったため、多くの未発表曲をためるようになり、これは彼の最初のアルバム、『All Things Must Pass』
(*2)の元となりました。(歓声) これは、元ビートルズによる最初のナンバー・ワンでした。(笑) (歓声) さらに多くのヒット作が続きました。

『ソロ活動を希望していたわけでは全くない』と、よく彼は言ってました。彼にはマネージャーもエージェントもいませんでした。彼は、ただ友達と音楽を演奏するのを楽しんでいました。彼はギターを、ロックン・ロールを、Carl Perkins を、Little Richard を、そして Dhani と Olivia
(*3)を愛していました。(歓声) そして彼は夜遅くまで起き、明け方までウクレレを弾くのを楽しんでいました。子供達がベッドに連れられていくまで。

80年代には、『Cloud Nine』
(*4)で、再び第一位となりました。そして、彼いわく「もう一つのバンド」の Traveling Wilburys を結成しました。(歓声)私は、Jeff Lynne (右のJeffを指差す)、他何人かと一緒でした。(観客笑)

George は、人生のすべての瞬間を生き抜いた人だと思います。彼は、(楽しみで) 部屋を一杯にし、陽気で、とても鋭いユーモアのセンス、鋭い魂を持っていました。彼は説教は一切せず、実例を示して人々を従えました。George は、Live Aid
(*5)の何年も前、ロックン・ロールで人々に還元することを発明しました(*6)。(歓声)

こうやって(観客席を)見回すと、多くの人が George のことを(個人的に)知っていましたが、彼は、私の親愛なる友達でした。あなたにとっても、世界にとってもそうでしょう。彼は、成功したアーティスト以上の所に到達したのです。彼はとにかく最高の人でした。(歓声)

ですから、我々は、彼を殿堂に入れます。彼を呼び寄せ、そこに押し込みたいと思います。(観客笑) そこで、皆さんに言ってほしいのです。
Hari Krishna (観客一同 : Hari Krishna!)
彼は入ったよ![ He's in! ]
*1) 正確には、1992年の Billboard Century Award。
*2) 1970年発表。 (TOCP-65547)
*3) George の息子、妻。
*4) 1987年発表。(TOCP-67339)
*5) 1985年に行われたロック・チャリティ・イベント。
*6) George が主催したバングラデシュ難民救済コンサート(1971年)を指しています。
翻訳 : Shiegyan / Depot Street vol.65 (May, 2004) 掲載
Special Thanks to TOSHI

 Rolling Stone <50 Artist Pick Up Their Personal Top 10s> 「Tom Petty : British Invasion」 (2010年)
1 "I Want To Hold You hand b/w I Saw Her Standing There" The Beatles
2 "You Really Got Me" The Kinks
3 "We've Gotta Get Out of This Place" The Animals
4 "She's Not There" The Zombies
5 "When You Walk in The Room" The Searchers
6 "I'm Alive" The Hollies
7 "I'm a Man" The Spencer Davis Group
8 "Any Way You Want It" Dave Clark Five
9 "I Can't Explain" The Who
10 "(I Can't Get No) Satisfaction" The Rolling Stones

 iTunes サイト 「Tom Petty's Playlist」 (2004年)
1 "I Can't Stand the Rain" Ann Peebles
2 "High Heel Sneakers" Tommy Tucker
3 "Hound Dog" Big Mama Thornton
4 "I Forgot to Be Your Lover" William Bell
5 "Lucille" Little Richard
6 "Hawaiian Boogie, No. 2" Elmore James
7 "Tulane" [Single] Chuck Berry
8 "I Can't Be Satisfied" [1948 Single Version] Muddy Waters
9 "I Can't Stand Myself (When You Touch Me)" James Brown
10 "You Don't Love Me (You Don't Care)"  Bo Diddley

 TP' favorite / Performing Songwriter (1999年)
『AGAIN』 Buffalo Springfield
『Pet Sounds Sessions』 The Beach Boys
『Beatles For Sale』 The Beatles
『Through The Past, Darkly (Big Hits Vol.2)』 The Rolling Stones
『Chess Box』 Muddy Waters
『Rainin'in my heart』 Slim Harpo

 TP's D.I.D.s / PULSE (1999年 4月)
1 『Good Vibrations: Thirty Years of the Beach Boys』 (Captol, boxed set)
2 『The Byrds』 (Columbia/Legacy, boxed set)
3 『Greatest Hits』 The Searchers (Rhino)
4 『Rainin' in My Heart』 Slim Harpo (Hip-O)
5 『The Chess Box』 Howlin' Wolf (Chess/MCA)
6 『Elvis : The King of Rock'N'Roll - the Complete '50s Masters』 Elvis Presley (RCA)
7 『Grevious Angel』 Gram Parsons (Reprise)
8 『Greatest Hits』 Wilson Picket (Rhino/Atlantic)
9 『$1,000,000 Worth of Twang』 Duane Eddy (Jamie)
10 『A Date with the Everly Brothers』 (Warner Brothers)

 Benmont Tench / オフィシャル・ウェブサイト (1999年)
Q: 大きな影響を受けた音楽家は?また、普段はどんな音楽を聴いてる?
BT: 影響を受けた人はそれこそ沢山。Pete Johnson、それから Nicky Hopkins のものなら何でも。バッハ、The Rolling Stones … いくらでも挙げられるね。この他に、ベートーベン、Dylan、Zombies なんかを聴いてる。