Swingin' Tour & Live  1976 - 2017

ツアーとライヴの一覧

2017

4-9月(北米他/ 34都市 52公演)

デビュー40周年を記念する大規模な北米ツアー

2016
2015
2014

8.3-10.11(北米/ 34都市 37公演)

新譜『Hypnotic Eye』をサポートする中規北米ツアー

2013

5.16-6.29(北米/ 34都市 37公演)

Beacon Theatre、Fonda Theatreでの連続公演およびフェスティバル参加を中心とした小規模な北米ツアー

Beacon/Fonda Residency Live

ニューヨーク(Beacon Theatre)、ロサンゼルス(Fonda Theatre)での計11回の連続公演

2012

4.18-6.30(北米/ 13公演、ヨーロッパ9カ国13都市)

20年ぶりのヨーロッパツアーとそれに先駆けての北米ツアー

year: Isle of Wight Festival


2011

10.2&3KCSN benefit concert

非営利のラジオ局KCSN のベネフィットとして行われた特別ライヴ

10.5Oracle Appreciation Event

「Oracle OpenWorld 2011」の一環として行われた「Oracle Appreciation Event」に出演

2010

6.1-10.7(US, Canada: 37公演)

TP&HBとしての8年ぶりの新作『Mojo』を引っさげての2年ぶりのツアー



2009
2008

5.30-8.29(US, Canada: 41公演)

3ヶ月にわたる北米ツアー。オープニング・アクトは Steve Winwood。

2.3 Super Bowl XLII
(University of Phoenix Stadium, AZ)

スーパーボウル(ニューヨーク・ジャイアンツ vs ニューイングランド・ペイトリオッツ) のハーフタイムショーにて演奏。

2007
11.15  The American Museum of Natural History (New York, NY)

知らぬ間に行われていたチャリティー・ライヴ、"I Won’t Back Down"が『The Live Anthology』に収録。

2.3 East Hampton Live (NY郊外, US)

普通の人は見られないような金額の金持ち相手のチャリティ・ショー

2006

6.9-10.28 (US, Canada: 公演)

デビュー30周年記念(兼)『Highway Companion』サポートする中規北米ツアー。ゲストに Stevie Nicks、オープニニグ・アクトに Pearl Jam、Trey Anastasio、The Allman Brothers Band などを迎える。

2005

6.7-9.3(US, Canada: 42公演)

またもニューアルバム発表前の大規模な全米ツアー。

2004

2.7 Art for AIDS Ⅲ: Concert for Stephen (St. Regis Monarch Beach Resort & Spa, L.A.郊外)

「Art for AIDS Ⅲ」というイベントで行なわれたチャリティ・ライヴ。

2003

6.26-7.13, 8.8-30(US: 24公演)

ヨーロッパ・ツアーの中止で急遽計画されたツアー。あまり訪れない街を中心にまわった。

7(US: 24公演)

約12年振りのヨーロッパ・ツアーが予定されていたが、中止となる。

4.21 Soundstage (Chicago)

「Soundstage」というTV番組収録のためのスタジオ・ライヴ。

4.13-19 The Vic Theater Live (Chicago)

キャパ1,400人の小規模な会場での5公演。連日、カヴァーを含む珍しいナンバーが多数演奏された。

2002

10.15-12.14(US: 23公演)

3年ぶりのニューアルバムを引っさげての全米ツアー。


6.27-7.20, 8.6-9.1(US: 32公演)

新譜発売を秋に控えて行われたツアー。

11.29 Concert for George (Royal Albert Hall, London)

George Harrisonトリビュート・コンサートに参加。Georgeに縁のアーチストが出演する中、TP&HB は"Tax Man" "I Need You" "Handle With Care"の3曲を演奏。

10.15-16 『The Last DJ』 コンサート (The Grand Olympic Auditorium, L.A.)

ツアーに先駆けて行なわれた、『The Last DJ』を丸ごと演奏したコンサート。Jon Brionが指揮するオーケストラを加え、アルバム収録順に演奏される。

3.18 Rock'n'Roll Hall of Fame (NYC)

ロックの殿堂授賞式に歴代メンバー全員が顔を揃えた。演奏は"Mary Jane's Last Dance" "American Girl"。

2001

6.27-7.21 (East Coast and Midwest, U.S.)

アルバムの発表を待たずに行われたツアーの後半。

5.9-6.2 (West Coast and Western, U.S.)

アルバムの発表を待たずに行われたツアーの前半。

2000

12.14 A Very Special Christmas from Washington D.C.

(会場はホワイト・ハウス)
クリントン大統領夫妻主催のチャリティー・ライヴに出演。TP&HBの演奏は"Christmas All Over Again" "Little Red Rooster"の2曲。

10.28&29 (14th)Bridge School Benefit Concert

(Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA)



1999

6.14-10.16(US, Canada: 37公演)

約4ヶ月、60回に及ぶ『Echo』サポート・ツアー

4.23 The Docks (Hamburg, Germany)

4.19,20 Stepherds Bush Empire (London, UK)

4.11,12,15 The Irving Plaza (NYC)

『Echo』ツアーに先駆けて、小規模な会場でのライヴ。ヨーロッパでのライヴが行なわれたのは1992年以来。

The Fillmore 7nights (San Francisco, CA)

ニュー・アルバム『Echo』を引っ提げて、Fillmore再登場。

1998
1997

The Fillmore 20nights (San Francisco, CA)

デビュー20周年を記念して、Fillmoreで歴史的な20回コンサート

1996
1995

8.10-10.8(US, Canada: 33公演)

2.28-6.13(US, Canada: 56公演)

TPソロ作『Wildflowers』発表後の大規模な全米ツアー

1994

10.1&2 (8th)Bridge School Benefit Concert

(Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA)

1993
11.2 & 11.4 Homecoming Concert  (Gainesville O'Connel Center, Gainsville, FL)

TPの出身地であるゲインズヴィルでのライヴ。

8.14 Live at the Viper Room (West Hollywood)

Johhny Depp のリクエストによるチャリティーライヴ。約60分の演奏。

1992
[Touring Great Wide Open]

3.4-4.2 (Norway、Germany、Ireland、UK、Switzerland、France、Belgium、Sweden: 17都市 19公演)

『Into The Great Wide Open』ヨーロッパ・ツアー

10.16 Bob Dylan's 30th Anniversary

Bob Dylan の「芸能生活30周年記念」コンサートに出演。

4.6 benefit concert (Royal Albert Hall, London, UK)

Mike Campbell joined George Harrison on stage.

1991
[Touring Great Wide Open]

8.29-11.27(US, Canada: 44公演)

『Into The Great Wide Open』ツアー

ステージには巨大な Tree House。"Don't Around..."の演奏前にサイケデリック・ドラゴンが登場。曲の途中ではレーガン、ブッシュ、ニクソンのマスク・マンも出てくる。

このツアー(もしくは90年春のツアー)より、Scott Thurston がサポートで加わる。

* このツアーの模様はビデオ「Take The Highway - Live」として発売される。

1990
[More Strange Behavior Tour]

1.26-3.6 (US, Canada: 26公演)

オープニング・アクト: Lenny Kravitz



1989
[Strange Behavior Tour]

7-9月(US, Canada)

『Full Moon Fever』をサポートする北米ツアー

オープニング・アクト: Replacements

10.28 (3rd)Bridge School Benefit Concert

(Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA)

1988

12.4 (2nd)Bridge School Benefit

(Oakland Coliseum, Oakland, CA)

1987

9.5-10.17(Europe)

Bob Dylan とのヨーロッパツアー

Rock'n'Roll Caravan Tour

5.26-7.26(US)

『Let Me Up』サポート・ツアー

オープニング・アクト: Del Fuegos / Georgia Satellites

1986

6.9-8.6(US, Canada: 37公演)

Bob Dylanとのツアー。アメリカに戻って本領発揮。

2.5-3.10(Oceania)

Bob Dylanとのツアー。まずは極東から。

10.13 (1st)Bridge School Benefit

Niel Young 主催のチャリティー・コンサートの第1回目(TPがソロで出演)

7.4 Farm Aid 2

Bob Dylanとの<True Confessions>ツアー真っ最中、ライヴ会場(Rich Studiam, NY)からの中継

6.6 Conspiracy Of Hope Benefit concert

全米ツアーを控えて、Bob Dylanと一緒に出演した(らしい)

3.5-3.10 Live in Japan

Bob Dylanとのツアーで2度目の来日(東京・大坂・名古屋 計5公演)

1985
[Pack Up The Plantation Tour]

6.6-8.9(US, Canada:34都市 37公演)

『Southern Accents』サポート・ツアー。TP&HBの他に、Jimmy Zavala、Lee Thornburg、Nick Lane (horns)、Pat Peterson、Carroll Sue Hill (vocals)が加わる。

* このツアーの模様は、アルバム・ビデオ「Pack Up The Plantation - Live」として発売される。

9.22 Farm Aid (JFK Stadium, Philadelphia, PA)

米国内の農家救済のために行われたベネフィット・コンサート。TP&HB はここで Bob Dylan のバックを務め

7.13 Live Aid (JFK Stadium, Philadelphia, PA)

アフリカ難民救済のために大々的に行われたベネフィット・コンサート。

1984
1983
『 Long After Dark 』 Tour

1.22-4.23 (US)


6.4-5 Mountain Aire '83 (Calaveras County Fairgrounds, Angels Camp, CA)

TP&HB、The Clash、George Thoroughgood が出演してのフェスティバル。

1982
『Long After Dark』Tour

11.30-12.21(Europe)


『Long After Dark』Tour

9.1-(US)

Howie Epstein、HBとしてライヴ・デビュー。オープニング・アクト : Nick Lowe、Paul Carack

9.4 US Festival (Glen Helen Regional Park, Devore, CA)

25万人の観客を動員した大規模なフェスティバル。TPはステージを走り回っての熱演。

6.6 Peace Sunday (Rose Bowl, Pasadena, CA)

anti-nuclear concert "Peace Sunday: We Had A Dream" TPがソロで出演。

1981
『Hard Promises』Tour

6.14-10.7(US)

この年のライヴには Stevie Nicks が度々登場し、TPとデュエットしている。

1980
『Damn The Torpedose』Summer tour

6.9-7.18 (US)

『Damn The Torpedose』Tour

3.2- (Europe, include UK, France )

『Damn The Torpedose』Tour

-1.27 (US)

12.31 Civic Auditorium (Santa Monica, CA)

ニューイヤーズ・イヴ・ライヴ。アンコールでDel Shannonが登場。"Runaway"を演奏。

* Chorus (French TV)

Empire, Paris

* Rock Goes to College (BBC)

他に Genesis、Jefferson Starship 等が出演。



1979
『Damn The Torpedoes』 tour

11.11-(US:)


[Why MCA / The Lawsuit Tour]

7.23-29(US:)

西海岸で6日間のツアー。『Torpedoes』に関わる裁判闘争中に行われた。

9.19-23 "Musicians United For Safe Engery" (MUSE) anti-nuclear concert (MSG, NYC)

Jackson Brown、Bruce Springsteen & The E Street Band、The Doobie Brothers、Crosby, Stills and Nash、Bonnie Raitt、James Taylor、Cary Simon、 Nicolette Larsonなどが出演。

*アルバム『No Nukes』 に "Cry To Me"が収録されている。

1978
『You Are Gonna Get It』Tour

-(US)

新譜『Hypnotic Eye』をサポートする中規北米ツアー


『You Are Gonna Get It』Tour

6月(UK)

12.31 Civic Auditorium (Santa Monica, CA)

ニューイヤーズ・イヴ・ライヴ。アンコールでDel Shannonが登場。"Runaway"を演奏。

* このライヴ映像は『The Live Anthology』(2009年)スペシャル版の特典DVDとして入手可能。ただし、Del Shannonのシーンはカットされている。

12.30 Winterland(San Francisco, CA)

ライヴ最中に、Tomが観客席に引き込まれるが、すぐに戻ってステージを続けた。

6.14 Rockpalast (Germany)

TV番組のためのスタジオ・ライヴ。当然ながら若々しい。

4.23 Knebworth Festival(Knebworth, UK)

他に Genesis、Jefferson Starship 等が出演。

1977
『Tom Petty & the Heartbreakers』West Coast Tour

『Tom Petty & the Heartbreakers』UK Tour

5月(First gig in the U.K., opening for Nils Lofgren)

6.14 Rockpalast (Germany)

TV番組のためのスタジオ・ライヴ。当然ながら若々しい。

4.23 Record Plant(Sausalito, CA)

ラジオ局、プレス等の関係者を集めてのプロモーション・ライヴ。bootleg『Tearjerker』として出回っている。

1976
『Tom Petty & the Heartbreakers』Tour

12月~(First US tour)

Al Kooper、Bob Segar、The Runaways、The Atlanta Rhythm Section、Roger McGuinn などのサポートを務める

12.12 St Pauls Mall(Boston, MA)

5曲(Jaguar And Thunderbird/ Fooled Again/ Luna/ The Wild One Forever/ Dogs On The Run)が『The Official Live Bootleg』(プロモ LP; Shelter 1977)として発表された

* この音源は『The Live Anthology』(2009年)スペシャル版の特典アルバムとして入手可能