Swingin' Special Live / Benefit Live

通常のツアーとは違った特別な形のライヴ、ベネフィット&トリビュートなどのライヴをまとめてみました

 Small Venue Live

 Beacon & Fonda Residency Live
2013年 5月 20, 21, 23, 25 &26日 Beacon Theatre, New York
2013年 6月 3, 4, 6, 8, 9 &11日 Fonda Theatre, Hollywood
小規模会場に腰を落ち着けてのレジデンシーライヴ(連続公演)で通常のツアーとは違った「ディープな」演奏曲目を披露した。
演奏曲目はセットリストをご覧ください。


 Soundstage
2003年 4月 21日 シカゴ WTTW スタジオ
「Soundstage」というTV番組収録のためのスタジオ・ライヴが行なわれ、Vic Theaterでのライヴ同様、カヴァー曲を含めた珍しい選曲で演奏されている。
* このライヴ(番組)の模様はビデオ「Sound Stage」として発売されている。
 The Vic Theater
2003年 4月13日~ 4月 19 The Vic Theater, Chicago
キャパ1,400人という小規模な会場での5公演。連日、カヴァーを含む珍しいナンバーが多数演奏された(曲数は26~30曲)。


 Irving Plaza、Shepherds Bush Empire、The DOCKS
1999年 4月 23日 The DOCKS (Hamburg, Germany)
 4月19日~20日 Shepherds Bush Empire (London, UK)
 4月 11, 12, 15日 The Irving Plaza (NYC)
『Echo』ツアーに先駆けて、小規模な会場でのスペシャル・ライヴ。ヨーロッパでのライヴが行なわれたのは1992年以来。
* 4/12のライヴはインターネットで中継された。
 DOCKS, Hamburg (4. 23)
Around & Around / Jamin' Me / Runnin' Down a Dream / Breakdown / Call Me The Breeze / Swingin' / Don't Do Me Like That / Diamond Head / Mary jane's Last Dance / I Won't Back Down / Listen To Her Heart / Green Onions / It's Good To Be King / Lucille / Little Maggie / Lay Down That Ol' Guitar / Walls / Angel Dream / For What It's Worth / Room At The Top / Guitar Boogie Shuffle / American Girl / Honey Bee / I Don't Wanna Fight / You Wreck Me
-encore- Free Girl Now / Free Fallin' / GLORIA / Learning To Fly
more Set List


 The Fillmore 7nights Concert
1999年 3月 7日~16日 The Fillmore, San Francisco, CA
ニュー・アルバム『Echo』を引っ提げて、Fillmore再登場。
* このライヴの模様はビデオ「High Grass Dogs」として発売されている。

 The Fillmore 20nights Concert
1997年 1月 10日~2月 7日 The Fillmore, San Francisco, CA
デビュー20周年を記念して、Fillmoreで行われた歴史的な20回コンサート。
*本来は1996年秋に行なわれる予定だったが、TPの怪我のため、翌97年に延期となった。



benefit concert

2016. 1. 9  The 5th Annual Sean Penn & Friends HELP HAITI HOME Gala Benefiting J/P Haitian Relief Organization

Sean Penn 主催のチャリティイベントに Steve も加えたフルメンバーで参加


2015. 12. 19  Merry Minstrel Musical Circus (Troubadour, L.A.)

Nathan Eastの韓国~香港ツアーに同行していた Steve Ferrone 以外の TP&HBが出演。 当日は TPHB単独で7曲、Jeff Lynneを迎えて3曲の合計10曲を演奏。セットリストは以下の通り。

1. Cabin Down Below / 2. Little Red Rooster / 3. I'm A Man / 4. Thirteen Days / 5. Dogs On The Run / 6. Runaway* / 7. Poor House* / 8. Roll Over Beethoven* / 9. Mary Jane's Last Dance / 10. Runnin' Down A Dream (*は Jeff Lynneが参加)


KCSN benefit concert
2011年 10月 29日&30日 Plaza del Sol Performance Hall, カリフォルニア州立大学 Northridge 校
同大学の運営する非営利のラジオ局 KSAN のベネフィットとして行われた特別のライヴ。ホールの座席数は何と500席!

2007. 11. 15  The American Museum of Natural History (New York, NY)

知らぬ間に行われていたチャリティー・ライヴ。"I Won’t Back Down"が『The Live Anthology』に収録された。

2007. 8. 25 East Hampton Live (NY郊外, US)

ツアー休養中に行われたライヴ。が、普通の人は見られないような金額の金持ち相手のチャリティ・ショーでした。


 Art for AIDS Ⅲ: Concert for Stephen
2004年 2月 7日 St. Regis Monarch Beach Resort & Spa, ロサンゼルス郊外
「Art for AIDS Ⅲ」というイベントの中で、TP&HBによるチャリティ・ライヴが行われました。このイベントの主催は、HIV感染者の支援を行う非営利団体「AIDS Services Foundation Orange County」。Dana Petty(TP夫人)の兄弟(Stephen Cy Costick)がAIDSで亡くなったことから、彼に捧げるライヴとしても位置付けられているようです。 http://www.ocasf.org/art_aids.htm
<セット・リスト>
Not Fade Away、You Wreck Me、What Are You Doin' in My Life、Honey Bee、Mary Jane's Last Dance、Done Somebody Wrong、Handle With Care、Melinda、Angel Dream、Sweet Baby's Arms、Something Big、Learning To Fly、Don't Bring Me Down、Making Some Noise、Refugee、Runnin' Down a Dream
-encore -  I'm Crying

 A Very Special Christmas from Washington D.C.
2000年 12月 14日 ホワイト・ハウス
Special Olympics International 設立32周年を記念して、クリントン大統領夫妻が主催した「A Very Special Christmas 2000」というチャリティー・ライブに出演(会場はホワイト・ハウス)。
TP&HBの演奏は"Christmas All Over Again" "Little Red Rooster"の2曲。
この他、Stevie Nicks のバックで"Silent Night"の演奏をしています。Mikeと Benmont は Sheryl Crow のバックも務めたようです。
* アルバム『A Very Special Christmas 5』に"Little Red Rooster"が収録されている。


 AmFAR (American Foundation for AIDS Research) benefit
1996年 5月 17日 Beverly Hilton Hotel, ,CA
メンバー: TP、MC、BT、HE、Scott Thurston、Chris Trujillo(per)、Curt Bisquera(dr)
Zero From Outer Space / Climb That Hill / Asshole / Angel Dream / Walls / Mary Jane's Last Dance

 Bridge School Benefit
Niel Young 主催のチャリティー・コンサート。TP&HBは過去5回出演(うち1回はTPのソロ)。ライヴは基本的にアコースティックで行なわれます。
14th 2000年10月28日 &29日 Shoreline Amphitheater, MountainView, CA
8th 1994年10月1日 & 2日 Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA
3rd 1989年10月28日 Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA
2nd 1988年12月4日 Oakland Coliseum, Oakland, CA
1st 1986年10月13日 Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA

 Farm Aid 2
1986年 7月 4日
Bob Dylan との「True Confessions」ツアー真っ最中で、ライヴ会場 (Rich Studiam, NY)からの中継。Dylan のバックで楽しそうに演奏し、彼ら自身のセットもバッチリ。
TP&HBの演奏は "Even The Losers" "Spike" "Refugee" 他。

 Farm Aid
1985年 9月 22日 University of IIIinois Memorial Stadium, Champagne, IL
Live Aidでの Bob Dylan の発言をきっかけに、米国国内の農家救済のために行われたベネフィット・コンサート。30組以上のアーチストが出演。
TP&HB はここで Bob Dylan のバックを務め、それが翌年のツアーに発展。彼ら自身のセットはサックスとパーカッションをフューチャした『Pack Up...』に近い編成になっている。
TP&HBの演奏は "Straight Into Darkness" "Refugee" 他。

 Live Aid
1985年 7月 13日 JFK Stadium, Philadelphia, PA
エチオピア救済のために大々的に行われたベネフィット・コンサート。アメリカ・イギリスの両会場に多数のアーチストが駆けつけ演奏した。
TP&HBは、"The Waiting" "Rebels" "American Girl" "Refugee"の4曲を演奏。
* DVD『Live Aid』に "American Girl" と "Refugee" の2曲が収められている。

"Musicians United For Safe Engery" (MUSE) anti-nuclear concert
1979年 9月 19日~23日 Madison Square Garden, NYC
Jackson Brown、Bruce Springsteen & The E Street Band、The Doobie Brothers、Crosby, Stills and Nash、Bonnie Raitt、James Taylor、Cary Simon、 Nicolette Larsonなどが出演。
* アルバム『No Nukes』 に "Cry To Me" が収録されている。



 Tribute Live

 Concert for George
2002年 11月 29日 Royal Albert Hall, London
George Harrisonの没後1周忌に行なわれたトリビュート・コンサート「Concert for George」に参加。Georgeに縁のアーチストが多数出演したコンサートは厳かな中にも優しい雰囲気が漂う。
TP&HBはツアーの途中でロンドンに渡り、コンサートに参加。"Tax Man" "I Need You" "Handle With Care"の3曲を演奏。"Handle With Care"にはJeff Lynneが加わり、Royのパートを担当。
出演: Paul McCartney、Ringo Starr、Eric Clapton、Jeff Lynne、Tom Petty and the Heartbreakers、Jools Holland、Joe Brown、Billy Preston、Ravi and Anoushka Shankar、Monty Paython
* このコンサートはDVD/CD「Concert for George」として発売されている。

 30th Anniversary Concert Celebration 
1992年 10月 16日 Madison Square Garden, NYC
1962年のレコード・デビューから30年を迎えたBob Dylanの「芸能生活30周年記念」コンサート。John Mellencamp、Eric Clapton、Neil Young、George Harrison等、そうそうたる顔ぶれの出演者達がDylanの曲を演奏して祝福。30組近いアーチストの出演で全39曲が演奏され、ライヴは4時間にわたった。
Licence To Kill
Rainy Day Woman #12&35

Mr. Tambourine Man
(with Roger McGuinn)
ここでのTP&HBはとても光っていた。コンサートもラストに近いところで、Neil Youngに紹介されて登場、観客に大歓声で迎えられる。そして、"Licence To Kill"を静かに歌い出すTP。これが実にカッコ良い。HB達も余裕の表情で楽しんでいる。静かだけど力強い演奏が終ると、続いては狂乱のPartyへ突入。「Everbody must get stone!!」、"Rainy Day Woman #12&35"で最高の盛り上がりを見せる。
さらに、「old friend of mine, the founder of the Byrds」とRoger McGuinnを紹介し、引き続きRogerの"Mr. Tambourine Man"をback up。コーラスをつけて本当に楽しそうに演奏。
My Back Pages
(Dylan/ McGuinn/ TP/
Young/ Clapton/ Harrison)
最後に主役のDylanが登場し数曲を演奏した後に、TPはDylan、McGuinn、Young、Clapton、Harriosnと一緒に"My Back Pages"を共演。それぞれが順番にリードを取る超豪華な演奏は溜息もの。このパフォーマンスはGrammyにもノミネートされた。
* このコンサートはビデオ/CD 「The 30th: Anniversary Concert Celebration」として発売されている。