SWINGIN' Live Report update: 2001. 6. 24


2001年 6月 1&2日 The Joint - Las Vegas
メンバーの Impressions 〜 TP&HB の様子を簡単に紹介 〜 Mayu
TP: 色あせたジーンズに1日目は花柄シャツ、2日目は水玉シャツ。登場から3、4曲まではスパンコールのついた派手なブルーのジャケットを着用。上半身にはかなり肉が…(これはかなりヤバイ)。そして、あごひげのセンターはなぜか白い。確かに老けた感じは否めない。
でも、動いているTPはやはりTP。チャーミングな笑顔、ファンを惹き付ける表情、ひた向きな演奏、昔と変わらない部分が多く一安心。
TPは結構ヘビースモーカーだと思うのですが、今回1日目は(多分)全くタバコを吸っていませんでした。ところが、最終日で安心したのか、2日目には3-4曲ごとに後ろを向いては、我慢できないといった感じでしつこく吸っていました。
Mike: TPがルックス的に変化したのに対し、Mikeはここ数年ほとんど変わらないように見える。むしろ、どんどんカッコ良くなっている感じ。相変わらずパジャマのようなシャツにジーンズというスタイル。登場時、1日目はダークな色合いのジャケット、2日目はベージュのフリンジ付のウエスタン調のジャケット(このフリンジがイカシてた)を着用。髪をくしゃくしゃとかきむしったり、タオルでゴシゴシふいたりするクセ(?)は変わらず。
今回「あれっ?」と思ったのはMikeがペンダントを2つつけていたことと、左手の薬指に指輪をしていたこと。過去のビデオ等を見ても彼は指輪をしていたことがないように思うのですが…(何か心境の変化でもあったのか)。
Ben: いつもながらピアノに阻まれて、その姿を拝むことのできないBenmont。スタイルはいつも通りのダーク・スーツ。小顔で実にカッコ良いのですが… 残念ながら髪が一段と…(以下自粛)。TPに「Mr. Rock'n'Roll Piano」と紹介されて、気持ち良さそうに演奏してました。
Howie: 相変わらず痩せていました。ごくシンプルにジーンズとシャツというスタイルですが、一際目立つのは、顔全体を覆うようなひげ。カウボーイハットを目深にかぶり、表情があまり窺えません。元気がないかと思いきや、演奏中はいつも以上に動いていたような印象、定位置からドラムの方へ頻繁に移動してました。勿論、バッキング・ボーカルもしっかりこなしていました。
やはりヘビースモーカーのHowie、ゆっくりとタバコを吸っていると、TPが先走って容赦なく(?)演奏をスタートしてしまうものだから、どうすることもできず指に挟んだままベースを弾く羽目に(それも2-3度)。
Scott: 長らくTP&HBと一緒にステージに立っているScott。ルックス的にはあまり変わりはないのですが、今回はいつも以上に目立っていたような… 何ででしょう。
Steve: グレーのカチッとしたシャツを着用し、スッキリとした印象。姿勢良くドラムを叩いているが、ライヴ中あまり目立つことはない(って、私が見てないだけ??)。
私はTPとMikeを目の前にすると、どうも彼らしか観ていないようで、他の部分の印象は薄いです。あの二人が目の前にいるのだから、他のものなんて目に入りません。観察不足で済みません。
Las Vvegas Report top