Live Report update: 1999. 11. 12


1999年 10月 15、16日 MGM Grand Garden Arena, Las Vegas & Hollywood Bowl, Hollywood
コンサート・レポート: 3度目の正直&"マ"のつく人への感謝状 Setsuko
1999年は私にとってまさにTP&HBに始まり、TP&HBで終わると言っても過言ではないほどの、幸運に恵まれた(恵まれ過ぎた!)一年でした。何せこの1年の間に見ることのできたコンサートの数、何と 5回 (!!!)。3月の Fillmoreで2回、8月にサンフランシスコ郊外のShoreline、そしてツアー最後の2コンサート at Las Vegas & Hollywood Bowl。 こんな幸せ許されていいのかなぁ、と自分でもちょっと空恐ろしく感じます。もし人生がバランスのとれてるものだとしたら、この先私にはとてつもなくオソロシイことが待ち受けているのに違いない…。たとえば来日公演が実現したその時に異常な高熱を発して、コンサートをミスるとかさぁ…。あ、でも熱くらいでコンサート行かないなんてことないか。

ま、冗談はさておき、とにかく信じられないほどのHAPPYな年でありました。それぞれのコンサートは座席の位置や会場の規模や造りも異なり、様々な状況での鑑賞を経験しましたが、すべてに共通していえることは、音響がとても良く、文句無しでTP&HBの素晴らしい音楽を思う存分堪能できたということです。個人的にはあまりコンサートに足を運ぶ回数が多くないので比較はできませんが、それでも以前行ったものの中には、ライヴだと全然駄目なアーティストもいるのだということがありました。

でも皆さんもご存知の通り、TP&HBの真骨頂はそのLiveにあります。当たり前のことだけど、素晴らしい演奏家たちが魂を込めた演奏をした時、曲の素晴らしさはとてつもなく広がります。アルバムを聴いていただけでも大好きだったTP&HBですが、彼等の生の演奏に触れた時、本当に身体中の細胞が震えるくらい感動しました。ただただ嬉しくて、最高に心地の良いリズムに乗りまくって、踊りまくりました。また官能的な演奏の時はうっとり、恍惚の表情だったと思います。私は音楽的知識があまりなく、ロック・アーティストも知らない人の方がずっと多いのですが、そんな私が幸運にも出会って深く愛してきたTP&HBの生の演奏を何度も味わうことができた、本当に全てのものに感謝したい思いで一杯です。

今回観に行ってきたLas VegasのMGMと LAのHollywood Bowlですが、ライヴについてはしげやんやジローさんが内容の濃いレポートをしてくださると思うので、私はTomさんの語りや、あちらでの営業活動などについてご報告したいと思います。
まず営業活動についてですが、Las VegasのMGM Grandにて、TP&HBのツアー・マネージャー(ECHOツアーだけでないそうです)を務めるRichard Fernandez氏にお会いすることができました。以前にファンクラブ会長のCathy Buffingtonとのやりとりの中で、そのお名前を伺っていたのです。とくにアポイントをとっていた訳ではなかったので、会ってもらえるかわかりませんでしたが、座席を確認した後、舞台の横のガードの人たちにFernandez氏を呼んでもらえるかと頼んでみたところ、すぐ聞きに行ってくれて、5分後に来ますとの返事をもらいました。どんな方が現われるのかと緊張しましたが、しばらくして現われたF氏は白髪の混じった長髪を後ろで三つ編みにした、小柄で温和そうな方でした。後ろに大きなボディガードのような人もいっしょでしたが、とにかくがんばって話しかけました。

日本から来たファンであり、今インターネットを中心に来日公演実現のための署名を集めていること、これまで集まった署名とメッセージ、それにキャンペーンに関するプレスリリースを持参したのでTomさんたちに渡してほしいと話し、それぞれ2部づつ差し出しました。するとF氏はニッコリ肯き、快くそれを受け取って、一部をTomさんに、もう一部をバンドに渡しましょうと言ってくれたのです。ああ、何と言うこと!署名が直接彼等の手に渡るんだ!本当に言葉に尽くせない感動に包まれました。署名とメッセージを見てTomさんやHeartbreakersの面々は何と思うのだろう…。いろいろな思いや不安もありますが、とにかく伝えられたこと、それがすごく嬉しかったのです。

またF氏に今後のTP&HBのスケジュールに関して尋ねてみたところ、ツアー後は全く未定だとの返事でした。うーむ、どうなることやら。とりあえずは休むとして、本当にどうするのかとても気になりますね。その後の情報で、大学を回るCollege Concert をやるとか、来年の2月からもう一度ツアーを再開するなどいろいろな噂が出ていますが、今のところ正式な発表はなされていないようです。
さて、次は今回のTomさんの印象的なMCについてです。確か3曲目(Hollywood Bowlでは4曲目)の"Swingin'"の後で入ったTomさんのトークですが、次のような感じでした。「先日新聞を読んでいたら、1999年における人々とLSDについての記事が載っていたんだ。それを読んでちょっと考えていたんだけど、次の瞬間僕はその新聞紙のインクを全部舐めてみたのさ。そのせいかな、きょうここにきてくれたみんな、全員がばら色の原色で目に映るんだよ…。(ニヤリ)」

Tomさん独特の低いトーンとちょっと間延びしたような話し方で語ってくれました。うーん、ニュアンスが上手く伝わるでしょうか。 Tomさん独特の皮肉な風刺コメントですね。このトークはMGMでも H.Bowlでも聞かれましたので、あらかじめ考えられていたわけですが、観客はTomさんならではの語り口にワァーっと盛り上がってました。でも日本でこんな辛辣なコメントをしたら(まーしないでしょうけど)、みなその意味がわかったとして、どんな反応するのかな。ちょっと想像できないですねー。

もうひとつ面白かったエピソードですが、Hollywood Bowlの時は座席がかなり後ろの方だったんですね。後方の観客のために大きなスクリーンが会場の左右に設置されていて、TomさんやHBsの表情を楽しめるようになっていました。さて、それはMikeのショータイム、"Penetration"での出来事だったのですが、いろいろな名曲のメロディーをちりばめながら演奏されるサーフ・ミュージックのこの曲、Mikeが絶妙なギター演奏を繰り広げると、突然スクリーンに映し出されたのはビキニ姿で曲に乗って踊りまくる女の子の姿!ガァーン!何という派手な目立ち方!しかもけっこう寒かったんですよ、その日は。まあコンサートも盛り上がり、寒さも忘れていた頃でしたが。

しかしすごいなぁ、あらかじめ準備して行ったのね。筋金入りMikeファンだね、全く。思わず、負けたっ、と思ってしまった私です。密かに私もやりたかったと内心舌打ちしてしまった私っていったい…。嘘だよ〜、冗談冗談(みんな引かないでね)。でもさすがアメリカ、大胆なファンもいるものだと、半ば呆れつつも、ちょっと感心してしまった出来事でした。
曲目はどれも素晴らしい演奏でしたが、とくに最終日のH.Bowlでは、特にそれぞれが力のこもった充実した演奏を聞かせてくれたように感じました。特に私の場合は、"It's Good To Be King"、この曲はFillmoreで初めて聞いた時から忘れられない、ライブバージョンが特別素晴らしい曲ですが、これを聞いていたら、まゆさんのHPに出会って、たくさんの素敵な友達ができ、大胆にも渡米までして見たFillmoreのコンサートなどなど一連の出来事が頭の中をよぎり、思わず涙してしまいました。自分は何と幸せ者なのだろうとつくづく感じました。

そして、アンコールでの"Free Fallin'"。 この曲のイントロが始まった時には感極まり、いっしょにいたまゆさん、しげやんと思わず抱き合って、感動を分かち合いながら曲を聞いたのでした。何と言うか言葉で言い尽くせないような思いで胸がいっぱいでした。その時、誰といっしょにいてもそうしたのではないかと今も思います。とてもとても幸せな瞬間でした。

その後アンコールが終わり、メンバーが舞台を去って、観客がほとんど客席を後にするまで、私たちは座席のところに立ち尽くし舞台を見詰めていました。「ああ、終わっちゃったんだ…。」 …ツアーが全て終了したことを改めて実感すると、言いようのない寂しさを感じました。でも、忘れられない幸せな思いを味あわせてくれたTomさんとHeartbreakers。彼等が活躍しているこの時代に居合わせたことを本当に嬉しく思います。確かに人生って時々信じられないくらい素晴らしいことがありますね。私にとって彼等のライブを体験することはまさにそういったことの一つなのです。
さて最後に、非常に個人的なことなのですが、ぜひこの場を借りて書いておきたいことがあります。このレポートの意味不明のタイトル、"マ"のつく人とは誰ぞやとお思いでしょうか。ご縁の深い方といえば何人かいらっしゃいますが、たとえば我々THB のメイン・ミストレス、Mayuさんもそうだし、3月Fillmoreに行った際には某バンドのギタリストに恋をしちゃったし、長男坊も"マ"のつく名前だし…。

でも今回の"マ" のつく人は別の人です。今回(3月のFillmoreの時もそうですが)渡米までしてコンサートに行ってくるという、もうこの上ないわがままを黙って許してくれたパートナーに心からの感謝を捧げます。(彼の名前はマサヨシといいます。)

ご存知の方もいらっしゃいますが、私、実は7歳と4歳の子供を抱える母親であり、主婦であるにも関わらず、このような超ワガママな行動を決行してしまうトンデモないヤツなのですが、いろいろな負担を全部背負って行かせてくれたこと、本当に感謝しています。ありがとう。全く私は幸せ者です。あとは私と同じくらいTP&HBの熱いファンになってくれたら、言うことないんだけどなぁ〜。なんて要求し過ぎですか?まあ、徐々にこれからも諦めずに洗脳を試みたいと思っています。

それでは拙い内容ですが、LV&LA でのコンサート・レポートでした。最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。
Las Vegas & Hollywood