Biography Howie Epstein

TP&HB member's biography

本 名  Howard Norman Epstein
生年月日  1955年 7月 21日 - 2003年 2月 24日
出身地  ウィスコンシン州 ミルウォーキー
パート  ベース
参 考  干支: ひつじ  星座: かに座  動物占い: ヒツジ
Howie Epstein の詳細な Biography はこちら

1982年の『Long After Dark』から、Ron Blair に代わってHeartbreakers に加入。温和で控え目な性格(Tomは「エゴがない」と評価)、そして一番最後に加入したメンバーということで、「弟分」「新人」等と思われ続けてきた Howie ですが、実に20年近くも HB を支えていたのです。

ミルウォーキーで生まれた Howie は、父親がレコード・プロデューサーだったこともあり、スタジオに出入りしたり、ライヴを見に行ったりと、幼い頃から音楽に触れて育ったそうです。その後、いくつものカントリーやR&Rのバンドに所属し、腕を磨きました(その頃から主にリズム・ギターを担当)。1970年代終り頃に、友人の誘いで L.A. に出てJohn Hiatt のバンドに加わります。バンドには2年間在籍し、その間に『Slug Line』(1979年)、『Two Bit Monsters』(1980年)と、2枚のアルバムのレコーディングにも参加しています。

TP&HBへの加入は、Del Shannon のアルバム『Drop Down And Get Me』のレコーディングに参加していたところを、プロデューサーの TP に引き抜かれたのがきっかけでした。Tom は彼をベース・プレイヤーとして以上に、ハイ・ハーモニー・シンガー(high-harmony singer)として高く評価しています。その歌唱力の高さから「HBで一番のソロ・アルバムを創れるのは Howie だ」とまで言っているほど。ほとんどの曲でバッキング・ヴォーカルを担当しているのが、彼なのです。

プライヴェートでは Carlene Carter がガールフレンドで、Howie は彼女のアルバムをプロデュースしたりもしています。どんな時も、愛犬 Dingo と一緒です(私も SFのMiyako ホテルで見かけました)。

そんな Howie の変貌ぶりが近年、取り沙汰されていました。元々、童顔でふっくらした顔つきだった Howie ですが、1990年代中頃から少しずつスリムな外見になります。当初は精悍になった感じでイメチェン?という風でもあったのですが、1999年春の Fillmore での姿にファンは驚きました。激ヤセに加えて、表情に力がなく目はうつろ。病気やドラッグの影響が噂されました。その後も印象は変わらず、不安がつきまとっていました。ただ、ステージでの役割は何とかこなして、特に99年夏の「Echoツアー」では元気な印象を与え、ファンを一安心させました。





Howie に関して、非常に残念な情報を追加しなければなりません。

2001年 6月、ショッキングな事件が起こりました。Carlene Carter が運転する車に同乗しているところをスピード違反の取り締まりを受け、その車が盗難車で、更に Carter がヘロインを所持しているのが見つかったというのです。Howie は不起訴でしたが、Carter は18ヶ月の保護観察処分となりました。その後、Howie はツアーに復帰しましたが、以前からの健康不安説を裏付ける形となりました。

その後、2002年 3月のロックの殿堂授賞式には TP&HB のメンバーとして参加し、"Mary Jane's Last Dance"を演奏しましたが、結果的にはこれが TP&HB 最後のステージとなってしまいました。

5月、TP&HBはサマー・ツアーのプレス・リリースの中で、Howie Epstein の脱退を発表しています。理由は Howie の個人的な「ongoing personal problems」とだけ書かれていました。

そして、2003年2月24日、Howie Epstein が亡くなったと伝えられました。2月23日未明にサンタ・フェの友人宅で意識を失っているところを発見され、病院に運ばれましたが、意識を回復することなく死亡したそうです。原因は特定されていませんが、ヘロインの過剰摂取の可能性が高いと言われています。まだ47才でした。 <ニュース詳細はこちらで>

あまりにも突然の出来事でした。あの Howie のコーラスが加わった TP&HB のライヴはもう二度と観ることはできないのです。本当に寂しく、悲しく、残念です。 I miss you, Howie ... 今はただ冥福を祈るのみです。

~ Howie Epstein Essential Works ~
Howie のセッション参加は、Benmont のように決して多くはありませんが、いくつもの印象的な作品を残しています。中でも、長年のパートナーだった Carlene Carter、そして John Prince のアルバムでのプロデュースは高い評価を得ています。機会があれば、是非とも聴いて頂きたい作品です。その他にも演奏やコーラスで参加したアルバムが多数あります。Howie の参加作品については、セッション・コーナーもご参照下さい。
 <主なプロデュース作品>
 Carlene Carter 『I Fell In Love』  (1990年 Reprise Records)
 Carlene Carter 『Little Love Letters』 (1993年、 Giant Records)
 John Prine 『The Missing Years』  (1991年 Oh Boy Records)
 John Prine 『Lost Dogs and Mixed Blessings』 (1995年 Oh Boy Records)

 <主なセッション参加作品>
 Bob Dylan  『Empire Burlesque』 (1985年 Columbia Records)
 Roy Orbison 『Mystery Girl』 (1989年 Virgin Records)
 Del Shannon 『Rock On!』  (1991年 Silvertone Records)
 Johnny Cash 『Unchained』  (1996年 American Recordings)

 <Howie Epstein ソロ・レコーディング>
 Howie Epstein 『Early Tracks / Volume1』 (2008年 DogHe Music)
Howie の残した音源のCD化第一弾。若き Howie がベッドルームで録音したオリジナル作品集(全14曲)。盤はCD-R、ジャケットはプリンター出力、録音状態(音質)は決して良いものではありませんが、ポップな楽曲の数々と Howie のボーカルは魅力に溢れています。Howie は当時15才だった、というのが全く信じられません。(CD Babyで購入可能)
Howie Epstein の MySpaceによると、 Howie の未発表曲音源化の計画が発表されていますが、いまだ実現に至っていません。Howie のより多くの作品が発表されることを願ってやみません。