Biography Steve Ferrone

TP&HB member's biography

本 名  Stephen Ferrone
日本では「スティーブ・フェローン」と表記されていますが、「フェローニ」が正解のようです。というか、本人がそう主張していました。
生年月日  1950年 4月 25日
出身地  ブライトン (イギリス)
パート  ドラムス
Steve Ferrone は、イギリスはサセックス州のブライトンで生まれました。ヨーロッパでも名門の音楽学校 The Nice Conservatory で学び、イタリアやフランスの音楽シーンで活躍を始めます。

Bloodstoneや Brian Augers Oblivion Express などというバンドに在籍した後、1974年頃にスコットランド出身の白人黒人混合バンド Average White Band に加わります。1982年に脱退するまで、『Cut The Cake』 『Soul Searching』 『Person to Person』 『Benny & Us』 『Warmer Communication』 『Fell No Fret』 『Shine』 『Volume 8』 『Cupid's In Fashion』などのアルバムに参加し、成功を収めています。

Average White Band 脱退後はさらに活躍の場を広げて、セッション・ミュージシャンとして売れっ子になります。1980年代には、Paul Simonの『Hearts And Bones』、Chaka Khan の『What Cha' Gonna Do For Me』、Duran Duranの『Notorious』、さらにGeorge BensonやJaco Pastoriusなどの作品にも参加しています。

その後、1992年までは、Eric Crapton のバンドのメンバーとなり、1987、88、90、91年の来日公演にも同行(91年は George Harrison with Eric Clapton and his band)。Clapton のアルバム『Unplugged』や『24 Nights』にも参加しています。

1994年のTPソロ作『Wildflowers』に参加して以来、TP&HB のドラムを担当。1995年以降のツアー、および主なライブ・パフォーマンスでは常に一緒です。セッション・ミュージシャンという印象が強いため、短期間の在籍ではないかと思われているようですが、TP&HBに腰を落ち着けて既に15年、すっかりメンバーの一員となっています。


Steveは、TPとの出会いについて次のように語っています。 
Q: いつ頃、どうやってTom Pettyと共演し始めたのですか?
ブッキング屋(booker)と呼ばれる人から電話があっただけなんだ。ブッキング屋というのは、レコーディングのセッションで予定が空いてるかどうか、電話をかけて聞いてくる人なんだけど、その人が「来週の予定は?」と聞いてきてね。僕は「来週は空いてるけど、誰のためなんだい?」と聞いたんだ。彼は「極秘だ」と言ったんだよ!
数日後、ロサンゼルスに行ってほしいと言わたので、もう一回聞いたんだ、「だから、誰なんだ?」と。彼は「Tom Petty だよ」と答えたのさ。そうやって行った訳だ。『Wildflowers』の始めの1週間、そうやって一緒に演奏したんだ。それが 8年前の話だ。
[ Pro-mark社 インタビュー、2000年10月 ] (翻訳: Sigeyan)
2003年、ライヴ・レコーディングによるソロ・アルバム『Steve Ferrone』を発表。「The Lost Cities」ツアー(2003年) 初日の Suiox Falls で、Tシャツ等と一緒に売られていました。続いて、2作目のソロ・アルバム『More Head』(右)も発表しています。
2008年、なんと Steve が来日(しかも 2月と 9月の2回!)、その際に我々(Heartbreaker's Japan Party)のインタビューに応じてくれました。あまりにもチャーミングでフレンドリーでジェントルマンな Steve … もう大感激(すっかりメロメロのSやんと私なのでした)。是非、ご覧になってください。
Steve Ferrone インタビュー (part1: 2008年2月10日、part2: 2008年9月15日)