Appearance Award (chronological order)

TP および TP&HB の各種受賞一覧 (PICK UP / chronogical order list)

詳細まとめのコーナーもご覧ください ⇒ Grammy / MTV Video Music Awards / RIAA


<PICK UP>
Musicare / Billboard Century Award / Radio Music Awards / Rock and Roll Hall of Fame /
MusiCares Person Of The Year
2017. 2. 10 Los Angeles Convention Center

Tom Petty が MusiCares Person Of The Year を受賞。
ゲストアーティストによるトリビュートライヴ、TP&HBの演奏、TPスピーチ。
Jakob Dylan、Taj Mahal、The Lumineers、Dhani Harrison, The Shelters、Jackson Browne、Gary Clark Jr.、Foo Fighters、Don Henley、Chris Hillman and Herb Pedersen、Norah Jones、Jeff Lynne、Randy Newman、Stevie Nicks、George Strait、The Bangles、Lucinda Williams
<Setlist:>

“Refugee” — Randy Newman
“You Wreck Me” — George Strait
“American Girl” — Elle King
“Hometown Blues” — Taj Mahal
“Time to Move On” — Norah Jones
“You Don’t Know How It Feels” — Jones
“Honey Bee” — Foo Fighters
“Break Down” — Foo Fighters and Gary Clark Jr.
“Walls” — The Lumineers
“Mary Jane's Last Dance” — Cage the Elephant
“The Waiting” — Jackson Browne
“Learning to Fly” — Browne
“Rebels” — Lucinda Williams
“Good Enough” — Gary Clark Jr.
“I Forgive It All” — Regina Spektor
“Southern Accents” — Lucinda Williams
“Love is a Long Road” — Jakob Dylan
“You Got Lucky” — The Head and the Heart
“Listen to Her Heart” — The Shelters
“Free Fallin’” — Don Henley
“Wildflowers” — Chris Hillman & Herb Pedersen
“Waiting for Tonight” — Tom Petty with the Bangles
“Don’t Come Around Here No More” — Petty with the Bangles
“Stop Draggin’ My Heart Around” — Petty and Stevie Nicks
“Insider” — Petty and Nicks
“I Won’t Back Down” — Jeff Lynne
“Runnin’ Down a Dream” — Petty

Billboard Century Award
2005. 12. 6
at MGM Grand Garden Arena, Las Vegas
Tom Pettyが Billboard の最高位である「Century Award」を受賞。プレゼンターは Green Dayの Billie Joe Armstrong。TPは授賞式に出席してスピーチをしましたが、演奏はありませんでした。
introduction by Green Day's Billie Joe Armstrong (一部)
Hey. Hey. Hi, how are you doin'? I didn't want to screw this up, so I wrote it down. And, here goes:
I love music, I love rock and roll, therefore I love Tom Petty and the Heartbreakers.
But if there is one thing I've learned from Tom Petty is that great songs never go out of style and live forever.
☆ Billie Joe Armstrong のスピーチ全文(日本語訳も)はこちらで!
Tom Petty's acceptance speech
ありがとう。本当にありがとう。みんな、ありがとう。いやー、緊張するね。

来年はHeartbreakersと僕にとって30周年になるんだ。まず最初に言うべきことは、僕のバンドHeartbreakers、特に10代の頃から一緒にやってきたMike CampbellとBenmont Tench…彼らなしでは僕は今夜この場所にいられなかったということだ。僕らは決していつも生真面目ではなかったけど、音楽の目的を見失うことはなかったんだ。
Thank you. Thank you very much. Thank you all. Woo. I'm so nervous.

The new year will bring in the 30th anniversary of the Heartbreakers and myself and I think before I go any further I should say I wouldn't be up here tonight without my band, the Heartbreakers -- especially Mike Campbell and Benmont Tench, who I played with since I was a teenager. And we haven't always been Boy Scouts, but we never lost sight of the music.

続きを読む

度々、見知らぬ人がやってきては、自分の人生のテーマ曲を書いてくれてありがとう、と言われることがあるんだ。僕の音楽がこんなに長く生き延びて、今でもみんなが僕たちのことを観に来てくれて、そしてレコードをトップ10にしてくれて…大変誇りに思っているよ。これらは僕が言葉でいうよりも素晴らしいことなんだ。

僕は長年に渡って多くの人々にサポートしてもらったから、その人たちに感謝しなくてはいけないね。素晴らしいプロデューサー…Denny Cordell、Jimmy Iovine、Jeff Lynne、Rick Rubin、George Drakoulias。そして結成当時からのマネージャー Tony Dimitriades、我々の母親代わりのMary Klauzer。我々のロード・クルー Bugs Weidel、Jim Lenahan、Richard Fernandez… みんな最初の頃からずっと一緒にいてくれたんだ。それから、Warner Brothers Recordsにも感謝を。

僕たちの気持は、いつも音楽にあったんだ。ゴシップ雑誌に載りたいと思ったり、宝石に興味を持ったりなんて全くなかったね。音楽こそが楽しみだったんだ。

僕が言わなくちゃいけないのは、僕たちの成功の大部分は、僕たちのファンのものだということだ。全てのショウはとても神聖な体験であり、みんなに感謝してるよ。

終わる前に、常に僕のことを愛し支えてくれる僕の小さな家族に、簡単に感謝の言葉を。僕の子供たち、Adria、Kim、Dylan。そして人生のすべての時間を一緒に過ごしてくれて、いまだに良識のある僕の妻 Danaには特に感謝してる。

そしてもちろん、この賞を与えてくれたBillboardのみなさんにも感謝してるよ。この賞にふさわしいよう頑張って、これで終わりじゃないってことを言っておくよ。僕はまだまだやれるさ。それでは、幸運を祈るよ。
From time to time, I'm approached by strangers who say thanks for writing the soundtrack to my life and it makes me feel really honored that this music has lasted all this time and you still come out to see us and you still give us top 10 records and it means more to me than I can say.

I've had a large supporting cast through the years and I must thank them. The many great record producers, Denny Cordell, Jimmy Iovine, Jeff Lynne, Rick Rubin, George Drakoulis, and our manager since we started out, Tony Dimitriades and Mary Klauzer, our den mother. Our road crew all this time, Bugs Weidel, Jim Lenahan, Richard Fernandez, they've been there from the start. I'd also like to thank Warner Bros. Records.

And our truth has always been about the music. We never wanted to be in the gossip magazines and we never had an extreme interest in jewelry. It's been my pleasure.

I have to say that the lion's share of our success belongs to our fans. Every show has been a spiritual experience and I thank you for that.

Before I go, I must quickly thank my little family for loving me an supporting me all this time. My kids, Adria, Kim and Dylan, especially my wife Dana, who lives every minute of my life with me and is somehow still sane.

And of course I thank all of you at Billboard for giving me this award. I'll endeavor to deserve it and may I remind you that this ain't the end. I can still kick some ass. God bless you.
special thanks to Shigeyan

受賞のニュースの抜粋( News - 2005. 10 )

こちらをご覧ください

TPコメント:
「30周年という節目を迎える大切な時期に受賞できた。認められて光栄だ」
“This award comes at a particularly nice time as the Heartbreakers and I go into the thirtieth year of our career. I'm very honored that Billboard has acknowledged me with this award.”
Billboard co-executive editor Tamara Conniff:
“Tom Petty is one of the true great singer/songwriters. Petty's songs and lyricsgo to the root of the American dream. For over 30 years, Petty has been a rock icon who continues to inspire new generations of artists. We are honored to present him with the 2005 Century Award.”
過去の受賞者:
George Harrison, Buddy Guy, Billy Joel, Joni Mitchell, Carlos Santana, Chet Atkins, James Taylor, Emmylou Harris, Randy Newman, John Mellencamp, Annie Lennox, Sting, Stevie Wonder
Radio Music Awards
2003. 10. 27 Aladdin, Las Vegas
TP&HBは Legend Award を授賞。プレゼンターは Stevie Nicks でした。
TP&HBによる演奏は "Runnin' Down A Dream""I'm Crying"の2曲でした。
スピーチの中でTPは次のように語ったそうです。
This band has the greatest fans in the world. I want to thank all you people out there, if you are watching or listening...
  

詳細はリアルタイムでTV放送を見た現地特派員(Shigeyan)のレポートをご覧ください。

レポートを読む

10月27日(月)午後9時~11時(東部時間)、NBC系列で Radio Music Awards の模様が生放送されました。Michelle Branch、Jewelなどの豪華メンツが生演奏を繰り広げる中、番組の目玉はMichael Jacksonの久しぶりのTV出演でした。もっとも、Michaelの生演奏はなく、お蔵入りしていた同時多発テロのチャリティ曲"What More Can I Give"のプロモーション・ビデオ上映のみでした。"We Are The World"を彷彿させるこの曲には、Tomもコーラスで参加しており、ビデオでもその姿が数カット映りますが、私には歌声を聞き取ることが出来ませんでした。

まあそんなこんなで、いつTP&HBが登場するのかヤキモキしていましたが、番組の最後部、10時40分台にようやく登場し、"Runnin' Down A Dream"の演奏を開始した時には思わずガッツポーズ、同時にダンシング。TPは胸をはだけた黒いシャツに濃青のスーツで、他のメンバーも黒を基調としたタイトなものでした。肝心の演奏も極めてタイトで、最後のギターソロが短めだったのはやや残念でしたが、その迫力は他の出演者が足元にも及ばないほど貫禄たっぷりのものでした。

演奏終了後、Stevie Nicks が登場し、1980年に知り合った時の経緯を語った後、「RMA Legend Award」としてTP&HBを表彰しました。表彰後のTPのコメントは次の通りです。

「ありがとう。Stevie、ありがとう、いい人だね。ここに来て、表彰してくれたことはすごく大きいよ。本当に嬉しいよ。(ラジオ局の)ディスク・ジョッキーや編成スタッフに、知られてなかったバンドに賭けて(ラジオで流して)くれたことを、本当に感謝します。そして、このバンドには世界で最も最高のファン達がいるんだ。そんなファン達… これを観てる人、聞いてる人達に感謝します。本当にありがとう。」

ここまで出演のアーティストは各1曲ずつの演奏だったため、これでお開き、と思いきや、CM入り前のテロップに"Coming up ... Tom Petty and the Heartbreakers"の文字が。そう、CMの後、更に "I'm Crying"を演奏する、という破格の扱い。今年に入り、たびたび披露している曲ですが、今ではすっかり自分達のものとしている印象を受けました。まさに"legend"です。
reported by Shigeyan [2003年11月11日発行 Depot Street vol.59 より転載]

Rock and Roll Hall of Fame
2002. 3. 18 at Waldorf Astoria, NYC
2002年の「ロックの殿堂」入りの授賞式が行なわれました。
今回の授賞はTP&HBとして歴代のメンバー、Tom Petty、Mike Campbell、Benmont Tench、Howie Epstein、Stan Lynch、Ron Blairが対象。授賞式が近づくにつれ、辞めていった2人は出席するのか?というのが最大の関心でした。Stanが脱退した1994年秋からは7年半の時間が流れています。そして、その日… 嬉しいことに全員が顔を揃えました。6人の男たちが居並ぶ様子を見てドキドキしたのは私だけではないはず。そこには実に晴れやかな顔がありました。
セレモニーは7組のアーチストの授賞と演奏がバラバラに行われる進行でちょっと慌しい印象。Jewel → Brenda Lee、Eddie Vedder → Ramones、Brian Setzer → Chet Atkins、Anthony Keidis → Talking Heads などなど。なるほど、というアーチストがプレゼンターとして紹介役を務めました。
◇ 授賞式の流れは以下の通り (P=演奏、I=授賞式、人名はプレゼンター)
Isaac Hayes (P) → Brenda Lee (I: Jewel) → Ramones (I: Eddie Vedder) → Gene Pitney (P) → Jim Stewart's (I) → TP&HB(I: Jakob Dylan) → Chet Atkins (P: Brian Setzer) → Chet Atkins (I: Brian Setzer&Marty Stewart) → TP&HB(P) → Gene Pitney (I: Darlene Love) → Ramones (P: Green Day) → Isaac Hayes (I: Alicia Keyes) → Talking Heads (I: Anthony Keidis) → Talking Heads (P)
TP&HBへのプレゼンターは、The Wallflowers の Jakob Dylan。父親である Bob DylanとTP&HBの関係を考えると非常に感慨深く、そのスピーチも実に感動的なものでした。
◇ Jakob Dylan の紹介スピーチ(一部)
The first time I spent time with Tom Petty and the Heartbreakers was in 1986. It was not the first time I had tagged along on tour, but it was the first time I was really excited. I was already a huge fan and I had big plans to watch every minute from the side of the stage. That summer had a huge effect on me. I remember sitting with Tom's two daughters thinking, "Your dad is Tom Petty!---That's so cool! That must be so weird!"
☆ Jakob Dylan のスピーチ全文(日本語訳も)はこちらで!
Jakob の紹介を受けて、TP&HBのメンバー全員が一言ずつ挨拶をしました(Mike、Benmont、Howie、Ron、Stan、Tomの順)。Mikeは「Denny Cordell、George Harrison、家族」に感謝を表し、Howieは「いつまでたっても新人扱いされる」とのジョークで笑わせたそうです。そして最後はTPが締めくくりました。TPはあらゆる関係者に感謝を捧げ、スタンディング・オヴェーションを受けていました。
◇ TPのスピーチ(一部)
"I'm very proud that we're being inducted as a group, as Tom Petty and the Heartbreakers, 'cause they're the best f---n' band in America. They are my family. We all have grown into manhood together, in the back of cars and planes and dressing rooms."
「我々がグループとして選ばれたことは本当に嬉しいよ。だって、Tom Petty  and the Heartbreakers は、アメリカのなかでも最高のバンドなんだからね。彼らは僕の家族だ。車、飛行機、楽屋の裏側で… みんなで大きく成長し たんだよ。」
「今ここを見回すと、知ってる人達の顔が沢山見える。この音楽のために全ての時間と情熱を費やしてくれた人達だ。自由を与えてくれたロックン・ ロールに感謝を捧げるよ。最高の人生にしてくれたファンのみんな、そして神に感謝している。神の恵みがありますように。本当にありがとう。 勿論、この上なく愛している妻 Danaには特に感謝してるよ。」

  

<Live Performance>
授賞式の後に行なわれたTP&HBによる演奏は、"Mary Jane's Last Dance""American Girl"の2曲。
"Mary Jane's..."はTP、Mike、Benmont、Stan、Howie というラインナップ、続く"American Girl"ではベースを Howie から Ron にスイッチしての演奏。このメンバーが再び同じステ-ジに立って演奏する姿を見ることができたのですから、ファンとしても本当に感無量です。
授賞式は3月20日にVH-1で放映されましたが、TP&HBの演奏は "American Girl" 1曲のみのオンエアでした。
オリジナル・メンバーでの演奏に関して、TPは次のように語っています。
「バンドを復活させるのは本当に簡単だったよ。まるで丸太が転がるようにね。簡単なリハーサルをやっただけなんだけど、何も変わってなかったんだよ。」
「まさに、第1期のHeartbreakersヴァージョンだったね。とにかく楽しかったよ。」
また、Stanは次のように心境を述べています。
「授賞式はある意味、幕引きの(儀式の)ようなものだったね。俺は彼らみんなのことが本当に大好きだよ。」
「ロックの殿堂」入りで、名実ともに偉大なロックン・ロール・バンドの仲間入りを果たしたTP&HB。でも、(Jakobも言っているように)まだまだこの先、この次の作品が楽しみな「今を生きる」バンドなのです。

授賞までの流れ(各種ニュースより抜粋)

こちらをご覧ください

2002. 3
今回の授賞に関して、TPは次のように語っています。
「これまで表彰なんかに興味を持つことはなかったけど、もしロックン・ ロール・バンドをやってたら、これは貰える最高の賞だと思うよ。だから、この上なく嬉しいよ。投票してくれたみんなにも感謝したいよ。 これは人気投票じゃなくて、作品に対する評価だからね。」
「自分の人生について、これまで考えたことはなかったけど... すごく良い人生だね。とても上手くいってるよ。幸せだね。」
2001. 12. 14
TP&HBの「ロックの殿堂」入りが決定しました。授賞記念セレモニーは2002年3月18日にNYにて行なわれます。
この他の授賞者(class of 2002)は、the Ramones、Talking Heads、Issac Hayes、Gene Pitney、Brenda Lee、Jim Stewart (non-performer)、Chet Atkins (side-men)。
2001. 9. 16
2002年の Rock'n'Roll Hall of Fame にTP&HBがノミネートされました。殿堂入りの資格はレコード・デビューから25年を経過したアーチストに与えられますが、1976年にデビューしたTP&HBは資格を得てすぐのノミネート。殿堂入りは投票によって決められます。1年目での勝抜けはなるでしょうか。大いに期待されるところです。
<chronogical order list>
2017. 2. 10 MusiCares Person Of The Year Los Angeles Convention Center
Tom Petty が MusiCares Person Of The Year を受賞。
ゲストアーティストによるトリビュートライヴ、TP&HBの演奏、TPのスピーチ。
2016. 6. 9 Songwriters Hall of Fame Marriott Marquis Hotel, NY
Tom Petty が Songwriters Hall of Fame を受賞。
プレゼンターは Roger McGuinn。演奏は、Mudcrutch による "I Forgive It All" "Angel Dream"。
2014. 4. 23 ASCAP Annual Pop Music Awards Loews Hollywood Hotel
Tom Pettyが ASCAP Founders Award を受賞。
プレゼンターは Jackson Browne。表彰の前には Lucinda Williams による演奏("Rebels"と"Runnin' Down A Dream")も行われました。
TPは授賞式に出席してスピーチをしましたが、演奏はありませんでした。
2011. 2. 13  53rd (2010年度) Grammy Awards Staples Center, L.A.
nomination Best Rock Album: 『Mojo』 (Tom Petty and The Heartbreakers)
[winner: 『The Resistance』  Muse]
2009. 2. 8  51st (2008年度) Grammy Awards Staples Center, L.A.
winner Best Long Form Music Video: 『Runnin' Down A Dream』 Tom Petty & The Heartbreakers
Peter Bogdanovich, video director; Skot Bright, video producer [Warner Bros.]
2007. 2. 11  49th (2006年度) Grammy Awards Staples Center, L.A.
nomination Best Rock Album: 『Highway Companion』 (Tom Petty)
[winner: 『Stadium Arcadium』 Red Hot Chili Peppers]
Best Solo Rock oVcal Performance: "Saving Grace" (Tom Petty)
[winner: "Someday Baby" Bob Dylan]
2006. 2. 8  48th (2005年度) Grammy Awards L.A.
nomination Best Song Written for Motion Picture, Television or Other Visual Media: "Square One" (Tom Petty)
[winner: "Believe" (Glen Ballard & Alan Silvestri)]
2005. 12. 6  Billboard Century Award MGM Grand Garden Arena, Las Vegas
Tom Pettyが Billboardの最高位である「Century Award」を受賞。
プレゼンターは Green Day の Billie Joe Armstrong。
TPは授賞式に出席してスピーチをしましたが、演奏はありませんでした。
2003. 10. 27  Radio Music Awards Aladdin, Las Vegas
TP&HBは Legend Award を授賞。プレゼンターは Stevie Nicks 。
TP&HBによる演奏は "Runnin' Down A Dream""I'm Crying"の2曲でした。
2002. 3. 18  Rock and Roll Hall of Fame Waldorf Astoria, NYC
デビュー25年を経てTP&HBがロックの殿堂入り。授賞式には歴代のメンバー Tom Petty、Mike Campbell、Benmont Tench、Howie Epstein、Stan Lynch、Ron Blair が顔を揃えました。
プレゼンターはThe WallflowersのJakob Dylan。TP&HBによる演奏は"Mary Jane's Last Dance""American Girl"の2曲。
2000. 2. 23  42nd (1999年度) Grammy Awards
nomination Best Rock Album: 『Echo』 (Tom Petty and the Heartbreakers)
[winner: 『Supernatural』 (Santana)]
nomination Best Rock Song: "Room At The Top" (Tom Petty)
[winner: "Scar Tissue" Flea, John Frusciante, Anthony Kiedis and Chad Smith(Red Hot Chili Peppers)]
nomination Producer Of The Year, Non-Classical: Rick Rubin (『Californication』 Red Hot Chili Peppers 、『Echo』 Tom Petty&The Heartbreakers)
1999. 4. 28  Hollywood Walk of Fame
TP&HBも晴れて「Hollywood Star」の仲間入り(??)
1999年4月28日に行われたセレモニーにはTP&HBの他、Ron Blair、Rick Rubin なども出席。嬉しそうな表情が伺えます。
Star#2133、位置は
「7018 Hollywood Blvd across the street from the Galaxy movie theater」
1998. 3. 7 the Bammies (BAM magazine's annual music awards)
"Bill Graham Lifetime Achievement Award"を受賞。
TPは授賞式に出席して、スピーチをした。ただし、パフォーマンスはなし。
1996.  13th Annual ASCAP Pop Music Award Beverly Hilton, CA
TPは"Golden Note Award"を受賞。
演奏はTP、Benmont にRoger McGuinn で。"American Girl" "The Waiting"
1996. 4. 26 George and Ira Gershwin Lifetime Musical Achievement Award UCLA, CA
(主に) UCLAの学生達の前でスピーチをし、ソロで "Angel Dream" を披露した。
1996. 2. 28  38th (1995年度) Grammy Awards Shrine Auditorium, L.A.
winner Best Male Rock Vocal Performance: Tom Petty "You Don't Know How It Feels"
(*Tom was not present at the ceremony)
winner Best Engineered Rock Album (Non-Classical): 『Wildflowers』 (engineer: Dave Bianco, Richard Dodd, Steve McLaughlin and Jim Scott)
nomination Best Rock Album: 『Wildflowers』 (Tom Petty)
[ winner: 『Jagged Little Pill』 (Alanis Morissette) ]
nomination Producer Of The Year, Non-Classical: Rick Rubin (『One Hot Minute』 Red Hot Chili Peppers 、『Wildflowers』 Tom Petty)
1995. 9. 7  12th MTV Video Music Awards Radio City Music Hall, NYC
winner Best Male Video award for "You Don't Know How It Feels" パフォーマンスはなし
ありがとう。緊張してるんだ。投票してくれた人々に感謝する。そして、ビデオのディレクター、Phil Joanou に。彼は俺を信じてくれた。初めは何のアイディアも無かったんだ。でも、その場の思い付きが功を奏した。
ビデオを流してくれたMTVにも感謝したい。聞き取れない言葉が一つ有ったけどね (I really wanna thank MTV for playing the video, even though there was one word I never could understand!)。
そして、特に全てのファンに... God bless you all. Thank you very much.
1994. 9. 8 11th Radio City Music Hall, NYC
winner Video Vanguard Award for conbribution to video art
speach ありがとう。スピーチの準備をしてこなかったけど。
初めてビデオを撮ったのは1977年か78年だった。「Merv Griffin Show」は欠席したけど。それ以来、ビデオ制作プロセスの虜になったんだ。成功は才能ある人々に囲まれてたからさ。特にディレクターの Jim Lenahan や Julian Temple には感謝するよ。とにかく... 変わったビデオを作りたかっただけだ。笑顔のためさ。君たちを楽しませるためで賞なんて... MTVと関係者にお礼を言いたい。ありがとう。
winner Best Male Video award for "Mary Jane's Last Dance"
speach Wow, Thanks! 音楽やアートの世界にベストはないと信じてきた。"優良"は存在してもね。だから、これを受取っても他の候補より優れているとは思わない。"ベストの一人"として賞をもらうよ。Keir McFarlaneとKim Basingerに感謝する。どうもありがとう
performance *TP&HB performed "Mary Jane's Last Dance"
1994. 3. 1  36th (1993年度) Grammy Awards Radio City Music Hall, NYC
nomination Best Male Rock Vocal Performance: "My Back Pages" (performance at the Bob Dylan 30th Anniversary Concert Celebration)
1992  9th MTV Video Music Awards UCLA's Pauley Pavilion, L.A.
nomination Best Male Video: "Into The Great Wide Open"
1992. 2. 25  34th (1991年度) Grammy Awards Radio City Music Hall, NYC
nomination Best Rock Performance By A Duo or Group With Vocal: Tom Petty and the Heartbreakers 『Into The Great Wide Open』
nomination Best Rock Song: "Learing To Fly" (Tom Petty)
1990. 2. 21  32nd (1989年度) Grammy Awards Shrine Auditorium, L.A.
winner Best Rock Performance By A Duo or Group With Vocal: Traveling Wilburys 『Traveling Wilburys, Volume One』
nomination Album Of The Year: 『Full Moon Fever』 (Tom Petty, Mike Campbell, Jeff Lynne)
Album Of The Year: 『Traveling Wilburys, Volume One』 (Traveling Wilburys)
[winner: 『Nick Of Time』 (Bonnie Raitt)]
nomination Best Male Rock Vocal Performance: "Free Fallin'" (Tom Petty)
nomination Best Engineered Album (Non-Classical): 『Full Moon Fever』 (Mike Campbell and the other engineers on the album)
1989  6th MTV Video Music Awards Universal Amphitheater, L.A.
nomination Best Group Video: "Handle With Care" (Traveling Wilburys)
"Free Fallin'" "Heartbreak Hotel" (TP&HB with Axl Rose and Izzy Stradlin)
1987  4th MTV Video Music Awards Universal Amphitheater, L.A.
nomination Best Special Effects In A Video: "Jammin' Me"
1985. 9. 13  2nd MTV Video Music Awards Radio City Music Hall, NYC
winner Best Special Effects In A Video award for "Don't Come Around Here No More"
(Tony Mitchell, Kathy Dougherty and Peter Cohen)
nomination Best Video Of The Year、Best Concept Video、 Best Direction In A Video、Best Art Directions In A Video: "Don't Come Around Here No More"
1982. 2. 24  24th (1981年度) Grammy Awards Shrine Auditorium, L.A.
nomination Best Rock Performance By A Duo or Group With Vocal: Tom Petty and Stevie Nicks "Stop Draggin' My Heart Around"
1981年  Honorary Citizen of Gainsville Gainsville, FL
ゲインズヴィルの名誉市民となり、キーを受取る