Tom Petty and the Heartbreakers : News 2018

ニュースの更新は Facebook ページ への投稿が先行しています。最新情報はFBもチェックして下さい。

Mar-2018

In Memoriam, Tribute at the Oscar

3.11

3月4日にハリウッドで行われた2018年(第90回)アカデミー賞授賞式で Pearl Jam の Eddie Vedder が TP&HBの"Room at the Top"を歌いました。 Vedderが登場したのは昨年亡くなった映画関係者を偲ぶ「In Memoriam」のコーナー。Tomに関する言及や紹介はありませんでしたが、十分にトリビュートでした。

Mike & Benmont イベント出演

3.11
TOSHI

3月30日に開催される<Jubilee: A Celebration Of Jerry Garcia>にMike Campbell と Benmont Tench の出演が発表されました。このイベントは Grateful Dead のリーダー/ギタリストだった Garcia の生誕75周年を祝うプロジェクトの一環で行われるもので、収益は同バンドが関係する3つの非営利団体(The Rex Foundation、The Jerry Garcia Foundation、The Center for Biological Diversity)に寄付されます。
Mike はゲストパフォーマー、Benmontはハウスバンドの一員としての参加とのことです。

Steve's Activities * 3選(&more)

3.11
Shigeyan

1)Steve Ferrone の長年の盟友であるキーボーディスト、David Garfield の新作『Jazz Outside The Box』(3月23日発売予定、Creatchy Records)に Steve が参加しています。Mikeも、なんとBob Marley のカヴァー"Jamming"で参加。他にも Michael McDonald、George Benson、John Densmore (元Doors)、Brian Auger、David Sanborn、Marcus Miller、Nathan East など、書ききれないほどに大御所たちが客演しています。

2)元Dire Straits のメンバー(Phil Palmer、Alan Clark)とイタリア人アーティストMarco Cavigliaを中心に結成され、Steve、Danny Cummings、Primiano Di Biase、Trevor Horn、Mel Collins(元King Crimson)、Pino Palladino (The Who等)なども参加した Legacy 名義のアルバム『3 Chord Trick』(Forward Music、2017年
11月24日発売)がリリースされています。

3)ライヴにも積極的に参加しています。1月19~27日にその LegacyのメンバーたちとDire Straits Legacy 名義でブラジル公演を行いました。秋にはイタリア公演も予定されています。2月23日にはロサンゼルスでギタリスト Oz Noy と共演。翌24日には
パーム・スプリングスで Kenneth Brian Band の一員としてチャリティーライヴに出演。27日には日本人ギタリスト Toshi Yanagi らとともに Buzz Wizards 名義でロサンゼルス郊外の The Baked Potato に出演しました。
そして、4月16~18日にブルーノート東京で行われる Nathan East の公演のバンドの一員として1年半ぶりの来日が予定されています。

<おまけ> Tom Petty Radio(Sirius XM)で Steve がDJ を務めるプログラム「The New Guy Show with DJ Steve Ferrone」の最新回(#33、2月28日~)に Ron Blair がゲスト出演。なんと日本の話題で盛り上がりました。(以下抜粋です。)

SF: 日本には確か26~27回行ったよ。日本に住んでいたんでしょ?
RB: そうなんだ。父親が海軍でね。1966年に横浜の高校を卒業したんだ。
SF: 日本語しゃべれるの?
RB:「スコシ」。
SF: 少し、だね。
RB: え、日本語分かるんだ。
SF: 少しね。
RB:「アー、ソウデスカ」。
SF:「スコシ」(笑)。おはようなら言えるよ。
RB:「オハヨウゴザイマス。」
SF: これだけの年月あっても、お互いのこと全然知らないんだよね。
いつも音楽のことは話してるけど。(今は)日本のことしゃべってて。
RB: 人生の一部だったんだ。
SF: どのくらいいたの?
RB: 高校を卒業して東京で大学に1年間通ったんだ。授業は英語でそんなに苦には ならなかったよ。最高の1年間だった。僕は日本に(合計)3年間いたんだけど、本当に良いところだったよ。
SF: 本当に良いところだ。Eric Clapton とはよく行った。George Harrison とも。
RB: いいね。
SF: 日本には大きなファン・クラブがあってね。Sirius Radioが日本に届いてるかどうか...。Heartbreakersにはとても良いファン・クラブがあるんだよ。
RB: とてもいいね。
SF: 日本に行くたびに来てくれて、Tom Petty インタビューをするんだ(笑)。
RB: 最高だね。日本のファンのみなさん、こんにちは!
SF:「コンニチハ」。
RB:「コンバンハ」。こんばんは、かな?
SF・RB 同時: そんな感じ。(笑)
SF:「オハヨウ」「ワカリマス」。多言語になってきたね!

Mike プロデュースの未発表曲

3.11
TOSHI

4月21日に開催される<Record Store Day>に Mike Campbell がプロデュースした Marty Stuart の"Rattle and Roll"が発売されます。これは『Wat Out West』制作時にレコーディングされながらアルバムには収録されなかった曲です。1200枚限定販売のアナログ盤なので入手はかなり困難かもしれません。

Feb-2018

The Dirty Knobs、ライヴ出演

2.11
(TOSHI)

カリフォルニア州アナハイムで開催された世界最大規模の楽器展示会 The NAMM Show の会期中の 1月27日(土)に行われたギターメーカー Duesenberg 主催の イベント「Imperial Ball 2018」で The Dirty Knobs が演奏しました。Knobs の出演は2013年以来になります。通常はTPHBの曲を演奏することのない彼らですが、今回は"Something Good Coming"と"Runnin' Down A Dream"を取り上げました。
演奏に先立って Mike Campbell は「4ヶ月前に亡くなった、僕の、そしてみんなの友達のために。どうして今夜 この曲を演奏したいのか伝えるよ。これまで The Dirty Knobs では敬意を払い Heartbreakersの曲は演奏しなかった。ある友人と話していて「僕は友達と一緒 にもうこれらの曲を演奏することがないのだと思うとひどく悲しいんだ」と言ったら、彼女は「そうね、もうないのね。でも、ある晩に、彼のために演奏したら 良いんじゃない」と言ったんだ。だから今夜、この2曲を Tom のために。君がいなくてみんな寂しいよ」と亡き親友を偲びました
ライヴでは Stephen Stills をゲストに"Love The One You're With" "Born Under A Bad Sign" "Hey Joe" を演奏、また Alice Cooper と Johnny Depp の演奏する"Johnny B. Good"に Mike が加わりました。 なお、The Dirty Knobs は7月14-15日にコロラド州テルユライドで開催される The Ride Festival への出演を発表しています。

The 17th annual Parnelli Awards

2.11

1月26日に上記 NAMM Show で発表された 2018年の The Parnelli Awards ではTP&HBのツアースタッフが複数の部門(25部門中、個人5+団体2部門)で受賞。 素晴らしいスタッフにスポットライトが当たるのは喜ばしいです。Facebookページに授賞式の写真があります。

HB ベネフィット・ショウで演奏

2.11

4月21日(土)にロサンゼルスの Dolby Theaterで行われる Stephen Stills 主催の「Light Up the Blues」ベネフィット・コンサート のハウスバンドに Mike Campbell、Benmont Tench、Steve Ferrone が参加、昨年10月以来初めて一緒にプレイします。

In Memoriam Tribute at the Grammy

2.11

1月28日にニューヨークで行われた第60回グラミー賞授賞式で Chris Stapleton と Emmylou Harris が Tom Pettyの"Wildflowers"を演奏しました。 これは 2017年に亡くなったアーティストを偲ぶコーナーの前半部分で、演奏に続いて亡くなったアーティストたちの顔写真が映し出されました。

Jan-2018

Petty Family の声明文

1. 21

昨日(米国1月19日/日本1月20日)、Tom Petty の死因に関する家族の声明がオフィシャルサイトで公表されました。

Depot Street: 号外(2018年1月21日号)にコメント翻訳を掲載しています。

Mike ゲスト出演

1. 20

Mike Campbell が1月17日にロサンゼルスの The Troubadour で行われた Marty Stuart のライヴのアンコールにゲスト出演。元気そうで一安心です。
当日の様子を2本ご紹介。映像としては1が良いですが、約2分と短いため Mikeのソロが含まれません。2はアンコール丸ごとの20分近いもので Mikeの演奏を楽しめます。 1-"Freight Train Boogie"   2-「encore」

ベネフィットコンサート出演

1. 20

4月21日にロサンゼルスの Dolby Theaterで行われる Stephen Stills 主催の 「Light Up the Blues」ベネフィットコンサートのハウスバンドに Mike、Benmont Tench、Steve Ferrone が参加、昨年10月以来初めて一緒にプレイします。<RS>

おめでとう Benmont!

1. 11

昨年12月16日に Benmont & Alice Carbone Tench 夫妻に女の子が産まれました。 名前は、Catherine Gabriella Winter Tench。きっと親バカになるであろう Benmont、気になる方はその様子を Alice 夫人の Instagramでチェックして みてください。

The Dirty Knobs

1. 11

Mike Campbell のバンド The Dirty Knobs が、1月27日にアナハイムで開催される楽器ショウ(NAMM)期間中に行われるギターメーカー Duesenberg のイベントに出演します。昨年の40周年ツアー終了後、公の場所で演奏するのは初めてだと思われます。

2017年ランキング * 5題

1. 11
Shigeyan

1) Pollstar 社による 2017年のツアー売り上げ額ランキング<Worldwide / North America>が発表されました。
TP&HBは世界全体で20位、北米で13位(総額6,470万ドル/約71億円、チケット価格平均93ドル/約1万円、平均動員数18,242名)となりました。
なお、北米ベスト5とチケット価格平均は、1- U2(117ドル)、2- Bruno Mars(117ドル)、3- Metallica(97ドル)、4- Garth Brooks(71ドル)、5- Guns N' Roses (117ドル)でした。

2) Billboard 誌で2017年ランキングが発表され、<Top Rock Artists>でTP&HBが6位、<Top Rock Album>では『Greatest Hits』が 10位にランクインしました。ちなみに、それぞれの1位は、Imagine Dragons と Metallica『Hardwired...To Self-Destruct』でした。

3) Rolling Stoneで「The Greatest Tours of 2017」として5つのツアーが紹介され(順不同)、その中に TP&HBの<40th Anniversary Tour>が入りました。他4ツアーは、Brian Wilson (Pet Sounds 50th Anniversary Tour)、U2(The Joshua Tree Tour 2017)、Travis Scott (Birds Eye View Tour)、Eric Church (Holdin' My Own Tour)でした。
4) Ultimate Classic Rock(UCR)サイトの読者投票による「2017 UCR Fan Choice Awards」において、<Artist of the Year>でTPが1位、<2017's Tour or Show of the Year>で TP&HBが2位に選出されました(1位はQueen+Adam Lambert)。
5) Googleの2017年検索キーワード・ランキングにおいて、<Tom Petty>がアメリカの「全体」で3位、「訃報」で1位となりました。全世界においても「全体」で7位、「訃報」で1位となりました。

TPの著作権管理会社がSpotifyを訴える

1. 11
Shigeyan

TP や Neil Young、The Doors、Stevie Nicks、Rage Against The Machine などの著作権を管理する Wixen Music Publishing 社が、音楽ストリーミング会社最大手のSpotify社を相手に巨額訴訟を起こしました。著作権に対する対価が支払われないまま事業を築き上げたと批判、16億ドル(約1,760億円)の賠償を求めています。<RS>

 < 関連ニュースはこちらに >

☆ カヴァー、ブートレッグ、トリビュートバンド、関連アーティスト情報、周辺情報などなど

Mar-2018
Stevie Nicks、Tomについて語る

1月26日にニューヨークで行われた<2018 MusiCares Person of the Year>の授賞式 で Fleetwood Macとして受賞した Stevie がスピーチの中で Tom について語りました。
「Tom Pettyの訃報で、私の心は壊れてしまう寸前でした。Johnny Cashの表現(*)を 借りるならば、彼は一緒に川を下りたい人というだけではなかったのです。彼は素晴ら しい父であり、素晴らしい友人でした。彼は私の親友でした。私の心は決して彼の死を 乗り越えられないでしょう。
彼はツアー中に戦っていました。(ツアーを)キャンセルして家に帰り、病院へ行って いたら良かったんです。でも、Tom はそういう人ではないんです。彼はその川を下る つもりでした。それで、神様のおかげで彼はハリウッド・ボウルでの3公演でツアーを 終え、その1週後に亡くなりました。でも、彼は川を下り切ったんです。
Tom、これまでずっとそうだったように、今もあなたが私の隣にいてくれるのだと 分かっているわ。」
*) Johnny Cash が50歳の誕生日に"You're a good man to ride the river with." というメッセージを寄せてくれたエピソードを Tomは昨年の授賞スピーチで語って いました。

Shigeyan
Warren Zanes、Tomについて語る

Tomの伝記本『Petty: The Biography』の著者である Warren Zanesが、Tomの死因 公表を受けて Fox News のインタビューに応じ、「心の底からの悲しみ、製薬業界の 状況に対する怒りを感じている」と述べました。執筆時のインタビューでは「4時間も の間、座っていろいろなことをひたすら話していた」と述べたほか、Tom が自宅で いつも新鮮なコーヒーを準備していたことや、愛犬のラブラドール・レトリーバーが 部屋に入るときにいつも Tom の前を走っていったことを思い出して取り上げていま した。

Shigeyan
Chris Hillman、"Wildflowers"を歌う

Chris Hillman の最新作『Bidin' My Time』は Tomがプロデュースし、"Wildflowers" がカヴァーされたことでも話題を呼びました。Chrisが昨年10月16日のウエスト・ハリ ウッドにある The Troubadour での公演で演奏した"Wildflowers"の映像が公開されて います。その様子について最新インタビューで次のように語っています。
「2017年1月に Tomを称える MusiCares のショウで歌うために(同アルバムのエグゼ クティブ・プロデューサー)Herb Pedersen が持ってきてくれるまで存在すら知らな かったんだ。曲が気に入って、『Bidin' My Time』プロジェクトに完璧な追加になると 思った。2017年秋にウエスト・ハリウッドの Troubadourで演奏したけど、もともと Tomもステージに参加してくれる予定だったんだ。それでもやはり、1963年にすべてが 始まった Troubadour のステージに再び戻ってきたことは特別な瞬間だった。美しい曲 で、Tomの早すぎる死以来、新たな意味を持つようになったんだ。」

Shigeyan
ゲインズヴィルでの動き

Tomの出身地、フロリダ州ゲインスヴィルでの追悼の動きをいくつか。フロリダ大学 西側の道路<34th Street>には1970年代から様々な壁画が描かれていましたが、Tom の死後、"Love you always, Gainesville No. 1 son Tom Petty. Thanks, Tommy"と 添えられた壁画が描かれました。 bit.ly/2FeOM8m 別のアーティストも同市の<Southeast 16th Avenue>と<South Main Street>の 交差点に Tomの肖像画を描いています。 bit.ly/2FXcza2 フロリダ州選出の Keith Perry上院議員(共和党)は同市の<Southwest 13th Street> を「Tom Petty 記念ハイウェイ(Tom Petty Memorial Highway)」に改名しよう と提案しましたが、その通りが1998年に紆余曲折の末に<Martin Luther King, Jr. Highway>と制定された経緯があり、地元住民からの猛反発に遭いました。その計画 を取り下げ、<34th Street>に名付ける案も出ましたが、結局、条例提出には至りま せんでした。 bit.ly/2H5XjXJ bit.ly/2tjcSZT

また、フロリダ大学で2018年秋期に「Tom Petty 講座」が始まります。ジャーナリズ ムの Clay Calvert教授が『Petty: The Biography』を題材に15名の学生にゼミ形式で 開講。週1回のディスカッション形式の講義に加え、楽曲歌詞の分析、Tench Building (Benmontの父にちなんで命名)の見学も行われるとのことです。 bit.ly/2FgoAdB

Shigeyan