HCAHB! * Official Offline Meeting Report

17

第 17 回 ☆ 公式オフ会

DATE2002年 6月 1日 (土)

PLACE新 宿/東京

1次会PM 18:30~20:30 at 満月廬

2次会PM 20:45~23:45 at HARTFORD Cafe

MEMBER12名 [ ぶちさん、Rieさん、りかこさん、maruちゃん、Endohさん、Johnさん、HIRATAさん、キーノさん、ジローさん、eijiさん、TOSHIさん(幹事)、Mayu(管理人)]

★ 1次会

今回もまた参加人数は低空飛行。それでも、ここ最近の常連さんが顔を揃えて下さり、少人数ながらも賑やかな集まりとなりました。今回はお店を貸切るでもなく、特別な企画があるでもなく、極めてラフなオフ会でした。お店は中華系(居酒屋よりちょっとだけオシャレか??)、実は遥か昔1998年11月の第3回公式オフ会で使用したお店なのでした。でも、前回はテーブルだったけど、今回はお座敷でした。

狭めのスペースに詰め込まれると、ワイワイと賑やかさが増してきました。お店の雰囲気のせいか、どうにもオフ会らしくないなあと思ったのですが、でもそのメンツを眺めると一体何の集まりに見えるのだろう… という風でもありました。和やかで寛いだ雰囲気で終始オフ会は進みました。

ワールドカップ(サッカー)開幕直後のオフ会ということもあり、WCの話題が自然と多くなっていたようで。昼間(出掛けに)TVで試合を見ていた人もいて、うち一名はそのお陰で若干遅刻(??)。アイルランドの得点を祝して乾杯する人はいるし、チケット獲得話もありました。中でも Johnさんはスッカリ気もそぞろ、その後の試合のことで頭が一杯だったようで… 何と一次会で早退されました(非常に珍しいことです)。

当然ですが、本題のTP&HBの話(リマスターCDに掲載された恥ずかしい写真の件、Howieのことやツアーの話なども)、そして各種音楽の話もありました。オフ会直前に、私も Dylanと TP&HB の交遊録の原稿を書かせて頂いた『KAWADE 夢ムック・文藝別冊 ボブ・ディラン』が発売になり、嬉しいことに購入して持参して下さった方もいらっしゃいました。原稿を書くことになったいきさつや、原稿料については興味深々だったようで。みなさんも喜んで下さって、私としても非常に嬉しかったです。

恒例の自己紹介は近況+アンケート。事前に幹事のTOSHIさんより、カヴァー・バンドについての質問がいくつかあり、それぞれがカヴァー・バンドに対する考えを答えていきます。実はこれ、来るイベントの予備調査なのですが、その実態についてはまた後程。

個人的にはこれほど気楽に寛げたオフ会は初めてだったかもしれません。いつも寛いでるだろう、というご指摘もありましょうが… それでもどこかで気を張っているのものなのです。でも、今回はそういったものは一切ありませんでした。たまにはこういう会も良いなあと思ったりして。

会も終わりに近付いた頃、一人大幅遅刻のないしょ君ことジロー氏が登場。かなりお疲れの様子。それでも、残っていた料理を食べて(?)元気を取り戻してました。一次会で Johnさんとぶちさんが早退し、残された面々は次の店に。

★ 2次会

二次会はご近所の HARTFORD Cafeへ。この日はある West Coast Music のMLのオフ会が開かれており、スペースとしてはテーブル席(8名)しかあいていませんでした(事前に承知していたことですが)。それでも気にせずに無理やり狭いスペースに入り込みました。MLオフ会ではDJ大会の真っ最中だったのですが、こちらも負けずに音楽話に突入。かなり白熱した濃い話題が展開されました。

実はキーノさんはこのMLのメンバーでもあり、先客たちとは顔なじみ。あちらとこちらを行き来しつつ、営業活動(??)しておられました。オフ会のはしごは計画済みで、その後、準備万端DJ参入してました。

落ち着いたところで重大発表(という程でもないか)。メールマガジンでも少しだけほのめかしてあったのですが、実は9月にイベントを企画 しています。まだまだ詳細は未定ですが、この場を借りて正式発表第一弾とさせて頂きました。一次会でのカヴァー・バンド・アンケートはここに結び付くのでした。さて、どんな風になるかわかりませんが、オフ会経験の方も未経験の方も、とにかく参加して下さいませ。

流れる曲をバックに話に熱中していると… MLオフ会の方が Byrdsの特集で曲を回し始めました。Roger Mcguinnのソロ・アルバムからの曲が流れ、ByrdsファンのTeamメンバー達も密かに喜びつつ耳を傾けていました。と、次の瞬間。聞き慣れた力強いイントロ… 我々にはお馴染みの「King Of The Hill」(Roger McGuinnとTPの共作曲)です。その瞬間、いきなり大歓声(この日一番の盛り上りだったのでは?)。残念ながら、今回は TP&HBの曲を聞くことができない環境でのオフ会だったのですが、ここで一気に発散されたのかもしれません。

後日談。West Coast Music もお好きな TOSHIさんが、早速このMLに加入したところ、オフ会の時にByrdsの特集をされた方が「何であの場で見ず知らずの客達が、「King Of Hill」で大盛り上がりになったのか、未だに疑問に思っている」という投稿をされていたそうです。

時間も遅くなって徐々に双方のメンバー達が帰って行く中、最後の最後にHFC店主・洋平氏のサービスは…「6th Avenue Heartache」と「Free Fallin'」。やっぱりそうじゃなくちゃ(私は大満足で帰路につきました)。

(左) DJ参戦中のキーノさん (中) ギター談議で盛り上がる? Endohさんとmaruちゃん
(右) 決して大人しくしている訳じゃない… HIARTAさん、Jiroさん、りかこさん

★ 感想&レポート

 by 幹事/ TOSHI

初めての公式オフ会から、もう4年が経ちました。今までにのべで250人以上の方(主催者・幹事含む)が参加して下さいましたが、どの方のお顔もハッキリと思い浮かべることができます。これは私だけではなく、主催者の Mayuさんも同じです。それ程、この集まりは印象に残るものだからです。

最近はアイデアの枯渇とモチベーションの低下から、あまり面白いオフ会を開催できていないというのが、幹事としての正直な感想ですが、参加して下さる方がいらっしゃる限りは続けていくつもりでいます。勿論、このままではダメなので、新たな手を打っていきますのでお楽しみに。

今回は歓談と幹事が予め参加者にお伝えしてあった「質問」に答えて戴くという、極めてシンプルな内容でした。場所も貸切ではありませんでしたので、いつもの「濃さ」はありませんでしたが、BGMにTP&HBが流れなくても充分に楽し時間を過ごして戴けたと勝手に思っております。
また次回も、楽しい時間を共有できれば良いですね。幹事としてもできる限りの努力はしますので、みなさんも協力して下さい。よろしくです

★ Thanks&予告

参加者のみなさん、ありがとうございました。写真提供は Endohさん&TOSHIさん、Thanksです。今回のレポートは(も)手抜き気味できちんと伝えられておりませんが、参加者の方も読者の方もどうぞご容赦下さいませ。

次回、第18回公式オフ会は(定例で行くと8月下旬予定ですが) 9月15日(日)のコンベンション開催のため、一度お休みとします。というより、コンベンションが拡大公式オフ会となりますので、みなさん是非ともご参加下さい。コンベンション詳細はこちらで!

59
58
57
56
55
54
53
help
52
51
50
49
48
47
46
45
44
43
42
41
40
39
lalp
37
34
33
32
31
30