HCAHB! * Official Offline Meeting Report

21

第 21 回 ☆ 公式オフ会

DATE2004年 2月 27日 (土)

PLACE新 宿/東京

1次会PM 19:00~21:30 at ダイナーイン ミストラル

2次会PM 21:45~23:45 at 西口の居酒屋

3次会PM 24:00~26:00 at HARTFORD Cafe

MEMBER21名 [ ぶちさん、Rieさん、りかこさん、maruちゃん、みーこさん、大坂人さん、Hiroさん、Yurikoさん、Kimmieさん、キーノさん、araさん、チーノ、Sammy、Endohさん、Kushimaさん、Johnさん、Bobbyさん、Matilda_X、ジローさん、TOSHIさん(幹事)、Mayu(管理人)]

★ レポート

<集合>

当日、迂闊にも集合時間ギリギリになってしまい、必死に(集合場所の)とみん銀行前の横断歩道の点滅信号を駆け抜けましたが、既に遅く… そこには賑やかな大集団が勢揃い。遅刻常習犯のメンツも既に居て、この集まりの良さは一体??と一瞬愕然。当然、初参加の方も待たせてしまいました。この時点で既に管理人失格の予感が(申し訳ありません)。araさん、Yurikoさん、Matilda_Xが遅れて来るので、それ以外の参加者18名が集まりました。

<一次会>

会場は西新宿のスターホテル東京の1Fにある、ダイナー・イン・ミストラル。前回と同じということで、勝手知ったる状態、安心してお店に向いました。ところが、テーブルの配置が前回とは若干違い、立食パーティー風?になっていたので、バタバタとテーブル移動。予め席順を考えてたのでちょっと焦りましたが、予定通り強引に苗字のアルファベット順に座って頂きました。

そして、慣例に従って、キーノさんのご挨拶で乾杯。暫し、歓談の後、早速これまた恒例の自己紹介。今回は参加者が多いことから、常連組には「自己紹介は各自2分以内」というお達しを出していました。それならと、Rieさんがキッチンタイマーを持参してくれて、しっかりタイムキーパーを務めてくれました。オーバーしそうな人には「残り30秒」とプレッシャーをかけ、それは見事なタイム・キープ。そんな中、審査委員長によれば、最優秀賞は時間キッチリの Kushima さんだそうです。Rieさん&みなさん、ご協力ありがとうございました。

一方、初参加の方々には時間制限なしで、自己紹介して頂きました。緊張しているかと思いきや、みなさん良くしゃべる。当然、初めて聞く話なので新鮮ですね。一同、楽しませて頂きました。一次会の最後にはHiroさんが二次会に出ずに帰るということで、その理由を嬉しそうに語っていたのが印象的でした(隣でさらに嬉しそうに聞いていた人も居ましたが)。

自己紹介が終わった頃から、席を移動してあちこちで会話が炸裂し始めました。会場はかなり賑やかです。後半はビデオ上映もありましたが、会話に興じる人、お宝ブツを眺める人、ビデオを見てウットリしている人、踊ってる人などなど、みなさん思い思いに楽しんで頂いけたようです。

途中、ビデオには私がむかーし好きだった Rick Springfield のクリップまで出て来て、最初は「キャアー」と喜んだものの、フルコーラスあったのがツラく、次第に周囲の視線が痛くなって参りました。そのせいもあってか?、ワーワー、キャーキャー、言ってるうちに時間が過ぎてしまったようで(いつもですね)… 私の職務怠慢ばかりが目立ちましたが、どうぞご容赦下さいませ。そうそう、今回は集合写真以外はスッカリ撮り損ねてしまいました。重ね重ね済みません。

今回は参加者21名、うち、100%初登場が3名、東京初登場が1名、お久しぶりな方が2名といつになくフレッシュ。さらに、大坂人さんは岐阜から、Kimmieさんは静岡から、久々の Matilda_X は浜松から、わざわざやって来て下さいました。そんなこともあってか、とにかく終始賑やかな会でした。

<ギフト・お土産>

今回はお土産もいろいろありました。自己紹介で、「最近、TP&HBの(ブート)ビデオ等を整理するためにDVDに焼いている」とEndohさん。突然、「欲しい人?」と言うので、何も考えずに「ハーイ」と手をあげると、「みんなの分を焼いて来ました」というではないですか。エライ。

少し遅れて初登場となったYurikoさんは、ご自身がマネージャーをしている、Wilko Johnson の昨秋発売されたアルバム『Red Hot Rocking Blues』のサンプルCDをみんなに。実は、参加者の中にも数名、Wilkoの大ファンがいて、CDは勿論、話を聞けて大喜びのようでした。

また、大坂人さんは予てから掲示板にも書いていたように、TP&HBの各国版のカセットを持参してくれました。カセットはCDやアナログ盤以上に生産国が多いのだそうです。一体、何本あったでしょう。特に、『Wildflowers』(大坂人さん言う所の、野花)の茶色いカセットが沢山あって笑えました。さらには、私が壁花ファンと知っていて、タイ製の『Breach』のカセット・テープをプレゼントしてくれました。ありがとうございました。

最後に、前回から恒例になった?TOSHIさん提供のジャンケン大会で、またしても大盛り上がり。レアな品物を巡って、熱い戦いが繰り広げられました。大坂人さんのカセットも一本、景品に進呈されましたね。賞品をGETした方々、おめでとうございます。モノで煽るのは宜しくないと思いますが… でも、何かをプレゼントされるのって、やっぱり嬉しいものですよね。次回はみんなで地元銘菓でも持ち寄りますか??ウソですよ。

<二次会>

二次会はいつもの HARTFORD Cafe に行きたかったのですが、その日は生憎 DJイベントが入っていて、大人数はちょっと難しいとのこと。どうしたものかと困っていると、頼りになる Johnさんが進んでお店を探しに行ってくれました。お陰様で、我々は路頭に迷うことなく、無事に二次会にありつけました。そこは巨大な居酒屋さんで、入口からズンズン進んだ中には沢山の個室があり、我々もその一室に陣取りました。Johnさんにはいつも至らない部分をサポートして頂き、本当に感謝感謝です。

一次会で話足りなかったのか、二次会も静かになることなく、あちこちで盛り上がっていました。途中から、なぜかSammyのリクエストにより、一人一人が、「好きなTP&HBのアルバム&曲、今聞いているアルバム(ノンTP)」を発表することになり、良くわからないままに答えさせられてしまいました。まあ、TP&HBのオフ会ですから、そういうネタ振りも大事ですね。

<三次会>

二次会が終わったのが12時前だったと思いますが、残ったメンバー(ジローさん、Johnさん、Matilda_X、大坂人さん、キーノさん、Kimmieさん、Rieさん、TOSHIさん、私)は新宿を縦断して、やはり HARTFORD Cafeへ。移動距離が結構あるのですが、みんな酔いも手伝ってか大声で喋りながらソワソワと歩いてました。途中、引率のジローさんになぜか歌舞伎町方面に誘導されそうになりましたが、無事にHFCに到着、丁度9席あるカウンターに落ち着きました。遠来のメンバーをHFCにご案内できて安心したものの、私は店に着いた途端に頭痛がしてきて、三次会早々に撃沈。まだまだ使命を残し名残惜しかったものの、先に失礼させて頂きました。大変失礼しました。

Rieさんからの報告によると、程なくJohnさんとキーノさんが帰り、次に遠方の御三方も帰って、残ったRieさんとジローさんがHFCを出たのが、深夜2時頃だそうです。Johnさんが帰ってしまったので、もう一つの恒例、ラーメンは無かったとのこと。今度こそはと思いつつ、私もラーメンへの道程は遠いです。

★ 感想&レポート

by TOSHI (幹事)

1998年6月に8名で始まった公式オフ会も数を重ねて21回目を無事に終えることができました。今回も大勢の方にご参加いただき本当にありがとうございました。毎回いたらない幹事ですが、これからも続けられる限りは頑張っていきたいと思っています。 当日の感想は Mayuさんや他の方にお任せして、私は当日上映した映像の解説でもさせていただきます。

1 "The Waiting" Saturday Night Live [1983年]
2 "Rebels" 夜のヒットスタジオ [1986年3月5日]
3 "Free Fallin'" Saturday Night Live [1989年5月20日]
4 "I Call Your Name" John Lenonn Tribute [1990年5月5日]
5 "Free Fallin'" Beyond The Groove [1991年]
6 "Mary Jane's Last Dance" 11th Annual MTV Video Music Awards [1994年9月8日]
7 "You Don't Know How It Feels" Late Show with David Letterman [1994年9月9日]
8 "Room At The Top" Saturday Night Live [1999年4月10日]
9 "Swingin'" Saturday Night Live [1999年4月10日]
10 "You Wreck Me" Late Show with David Letterman [1994年11月21日]
11 "Winter Bells" 倉木麻衣 プロモーション・ビデオ
12 "Walls" Saturday Night Live [1996年9月28日]
13 "I Need To Know" Stevie Nicks [1982年]
14 "Jessie's Girl" Rick Springfield [1983年]
15 "Rollin' My Sweet Baby Arms" Country Suite The Byrds [1972年1月]
16 "I Gotta Move" The Tonight Show with Jay Leno [2003年10月1日]
17 "Down Home Girl" Sound Stage [2003年4月]
18 "I'd Like To Love You Baby" Sound Stage [2003年4月]

11はクイズになってまして、画面に一瞬だけ出てくる「Tom Petty」の文字を探してもらいました。14はMayuさんへのサービス映像。どうも彼女は青い目には無条件に弱いようです(笑)。15は参加者Sammyの個人的なお祝い事を記念して、彼の今お気に入りの曲ということで入れてみました。残りは5と13以外は比較的目にしたことのある映像ばかりだったのではないでしょうか。13はStevieの82年のライヴ・ビデオからのもので、彼女の独特のダンスが夢に出てきそうな感じで怖いです。5は91年に発売された映像集で監督はDavid A Stewart。その中でTPは謎のカウボーイ役を演じていました。

上映したブツはジャンケン大会の景品となって、勝者の手元にいきました。最近は珍しい映像の入手が難しくなってきて、次回以降からの上映はどうしたものかと今から頭を痛めています。でもまあ、楽しみにしていて下さい。今回参加を見合わせた方も、次回はぜひいらして下さい。お待ちしています。

 by Kimmie

静岡での出張オフ会をきっかけにTeamHBに参加させていただきました。
今回、ついに東京でみなさんとお会いすることができました。初対面の方も多いのに、ぜんぜんそんな感じがしなくて、まるで懐かしいところへ帰ってきたような気分。不思議でしたが、心から楽しめました。
年を食ってる分、Tomさんとのつき合いが長いだけがとりえの私ですが、これまでTomさんの縁でいろいろな出会いがありました。古くはStevie Nicksのソロを聞いたり、苦手だったBob Dylanを真剣に聞いてみたり、などなどなど・・・。音楽のみならず、映画、小説、土地、そしてとうとう生身の人間たち。運命か?
次のオフ会を待ち望んでいます。さらに新しい出会いがあったら。そして何よりも望んでいるのは、みんなで生のTom Petty & The Heartbreakersを! 静岡のお姉さんをこれからも、どうぞよろしくお願いします。

 by (いわ)ぶち

初めての方が3人もいらして、感激でした。TPHB初来日のエピソードなど聞かせてもらえて、楽しかったです。それから、大坂人さんの各国のカセットコレクションが、素敵でした!LPとは全く異なった趣ですね。TPHBへの愛情が伝わってきました。
「2回目以上のメンバーは、自己紹介制限時間2分企画!」は、面白かったです。前回の「誕生日が同じ有名人」に続いて…。それから、Toshiさんの名編集の映像も、いつもながら楽しかったです。次回もよろしくお願いします。

 by Whispering_Rie

まずお礼申し上げます。おみやげもらって嬉しかった!えんどーさん、Yurikoさんありがとう。
今回は参加者も多く、初めての方もいらっしゃるというので特に楽しみにしていました。初参加の方が4名も来るなんて、わくわくしませんか?自分が初めて来たときのことなんか思い出しませんか?(ちなみにわたしが初めてオフ会に来たのは第6回だった。いまでこそ "I Call Your Name"に合わせて糸巻き巻きダンスを踊りまくっているが、オフ会に来始めた頃はこれでもクールなキャラだった、らしい・・・本人もよく覚えてない。)
全員の方とあまりお話できなかったのが心残りですが、それは次回以降の楽しみにとっておこうと思います。わたしはちょっと人見知りする方で、なかなか人と打ち解けて喋れないので、だからこそ何度も会って、ゆっくりお話したいです。実際のところオフ会は、貴重な機会なんですよ。みなさん、トムさんに限らずいろいろ聴いてらっしゃるし、幅広く音楽のお話が楽しめる、美味なひとときです。

★ Thanks&予告

参加者のみなさん、ありがとうございました。特に、遠方より来て頂いた大坂人さん、Kimmieさん、Matilda_X に!あまり落ち着いて話ができなかったのが残念でしたが、またもや大阪や静岡に行きたくなってしまいました(というか、行かねばと思いました)。初登場の Hiroさん、Yurikoさんも、これに懲りずにまたお付き合い下さい。

Johnさん… いろいろとお世話になりました、本当にありがとう。幹事のTOSHIさん… お疲れさま&ありがとうです。そして、感想文を送って下さった、Kimmieさん、(いわ)ぶち君、Rieさん… 助かりますわ、ありがとう。

第22回公式オフ会は 6月下旬になる予定です。今回以上の参加者があっても、管理人としてきちんと仕切れるように努力致しますので(怪しい)、次回もどうぞよろしく。みなさん、お待ちしております。

59
58
57
56
55
54
53
help
52
51
50
49
48
47
46
45
44
43
42
41
40
39
lalp
37
34
33
32
31
30