Team Heartbreakr * Official Offline Meeting Report


第 8 回 ☆ 公式オフ会
DATE  2000年 2月 26日 (土)
PLACE  新 宿
1次会  PM 6: 30〜 9: 00 at ZION
2次会  PM 9: 00〜12: 00すぎ at Hartford Cafe
3次会以降  PM 12: 00すぎ〜翌朝 at???
参加者  29名 (BUCHIさん、なおちゃん、かおりさん、ウランちゃん、ナショナルさん、
 みーこさん、せつこさん、Rieさん、あっちゃん、村田くん、Julianさん、
 のぶひこさん、Takeoくん、チーノ、araさん、ENDOさん、山としさん、Sammy、
 Bobbyさん、Johnさん、ジローさん、MAKOTOさん、しげやん、TAKEさん、
 虹雲さん、いとーさん、Beaver兼子さん、TOSHIさん=幹事、Mayu=管理人)

集まりも集まったTP&HBファン29名。写真を見れば説明は要らない?? 迫力ですね。


★ またまた集まった
前回(99.11.27)、25人の参加者で大賑わいとなった公式オフ会。果たして今度はどうなるのだろう?期待と不安で申込みを見守った結果は...参加者がさらに増え、何と29人に(前回に続いての参加が21人、初登場が5人、再登場が3人)。またまた、ビックリ。参加者が多いこともあり、今回も勝手知った「ZION」&「Hartford Cafe」コースでの開催と相成りました。

当日、18:00過ぎに集合場所の「味のセゾン・プラザ」に行くと、そこは既にTP&HBファンの大集団と化していました。ただただ壮観。みなさんすっかりリラックスして話に花が咲いています。中には初めて見る顔も。手短に挨拶をして回り、後はまだ来てない人を追跡調査(遅刻者数名、反対側で待ってた大ボケ1名)。取り敢えず、揃ったところで「ZION」へ。これだけの大人数を引率するのも、嬉しい悲鳴。



★ 大盛況の1次会&2次会
いつもお世話になってます「ZION」。前回同様、店内はギッシリ大盛況。中央の集合テーブルを囲んで13、4人、奥の中テーブルに5、6人、残るはカウンター周辺を漂流(勿論、全員分の席はあったのですが...)。
今回は特に企画はなくて、とにかく「ひたすら会話を楽しもう」というコンセプト(そんなものがあったかなあ??)。自己紹介で時間が足りなくなってもいけないので、サクッと。後はひたすらフリー・トーク。身動きも取れない状態なのに、みんな動き回って、積極的な交流が展開されました。

続いては、またまた、お邪魔の「Hartford Cafe」。ここでは席もアルコールも早い者勝ち(??)、思い思いに2次会の始まりです。こちらは、テーブル6席とカウンター8席(くらいかな?)。押し合い圧し合いの中、熱気はさらに高まります。何よりも、ROCKファン(というより音楽ファン)には魅力的な場所なので、すぐに寛いでしまうのでした。そこからは、もう何でもありの時間となりました。

★ 初参加のみなさん... かおりさん、ENDOさん、araさん、Julianさん、いとーさん
最近は、初登場と言っても、自然と溶け込んで、誰が「新人」やらわかりません。とっても良いことです。これからもよろしく。


★ オフ会参加時間
昨夏以来、半年ぶりの山としさん。事前より、今回もはずさない(つまり「朝まで」)だろうとの期待と噂が飛び交います。本人曰く「オフ会参加回数は少ないが、参加時間は上位にランクのはず」。山としさんが参加した公式オフ会は、3、6、8回の3度。仮に18:00から翌朝5:00=11時間の参加とすると、トータル33時間。通常、18:00から23:00=5時間という基本パターンで換算すると、6回強になりますねえ。(そして期待通りの「3〜5次会レポート」は後程↓)

一方、参加2回目のJohnさんも、連続で朝までコースだから、上の計算式に従えば、4回参加のキャリアと同じとなりますね。スッカリ馴染んで、盛り上げて下さっている、と思いきや、後日『まだ2回目の参加なのに大きな顔をしてしまい、後で落ち込んでしまいました。』とMBに書いてました。意外と繊細なのね。

そのJohnさんとTOSHIさんの持参した珍しいシングル・レコードの数々に、一同ため息&なぜか笑い。何より、よくもこんなに集めたという、呆れにも似た尊敬の眼差しが、あったとかなかったとか。


★ 管理人の懺悔
☆人の話を聞いてない ...1次会にて。幹事が必死に進行してるのに、全然聞いてないで話込んでたら、注意を受けました。
☆失言 ...自己紹介にて。みんなの話に突っ込みを入れて、いくつか失言をしたような。特に虹雲さん&いとーさん、ゴメンナサイ。
☆勝手に進行... 2次会にて。勝手知ったるHartford Cafeということで、さっさとテーブル席を確保して、その場にいた数人で後から来る人を待たずに、ワインを注文して2次会を始めました。それで、店にあったワインを全部飲んだんだっけ??
☆飲み過ぎ... って程ではなかったと思うけど、途中、ちょっとヘロヘロでした。家に帰ると頭がズキズキでした。
☆途中逃亡 ... 3次会、私も参加したい気持ちは山ほどあったのですが...ゴメンナサイ。今度は体調整えて頑張ります。
☆覚えてない... いえいえ、飲み過ぎのせいではなくて。あまりに人が多くて圧倒され、ウロウロしたので、どんな話が展開されたのか、ほとんど記憶にありません。よって、レポートも書けな〜い。

いろいろとゴメンナサイ。でも、みなさん、これに懲りずにまたよろしくね。
★ 5次会への道
山としさん、John小林さん、Bobby榎本さん、あっちゃん、のぶひこさん、araさん、ジローさん、Rieさん
やはりというべきか、山としさんを始めとする有志のみなさんが、3次会から5次会へと向かいました。

 by あっちゃん
公式オフ会としては8月以来の参加でした。飽和状態の会場。...私は非常に楽しめました。(カオスと化したHartford Cafe、あれこそロックです。)
というわけで5次会まで無事に務め上げました。
3次会 :榎本さんのボトル(ジャック・ダニエル)
4次会 :喜多方ラーメン、のぶひこさん失踪
5次会 :喫茶店にてJohn小林、山とし両氏から人生とは何たるかを学ぶ
 意志は無いけどやっぱり10割! by 山としさん
翌日は仕事だったのでサミーと一緒に帰ろうと思っていたのですが、彼の裏切りの失踪のおかげで又もや終電を見逃してしまい、またもや打率10割をキープしてしまいました。
3次会は榎本さんが知っているバーで名前も場所も何も覚えていませんが、7、8名いたと思います。僕は、リエさんと話しをしていたのですが、突如としてリエさんの睡眠攻撃を受け、仕方なしに、ジロー、アラ、榎本テーブルへ移動したところ、なにやら演歌が如何の考のと、途中から参加した僕にとってついて行けませんでしたが、皆さん日ごろ溜め込んでる意見をここぞとばかりにしゃべりまくっておりました。
その後、4次会は、これぞロックンロールの醍醐味といえる朝方のラーメンでした。前回の和歌山ラーメンに続き、今回は喜多方ラーメンで決めてみました。どっかのホームページで、貴方のロック度が如何の考のとあるそうですが、朝方のラーメンはロック度100点満点です。「明日があるので今日はこれで失礼します」とか言って帰っちゃう君はロックを語ってはいけません(わけわからん!?)。
そして、5次会は、始発までの時間つぶしの喫茶店でした。僕は半分寝てたのですが、最後まで残った小林さんと松本あっちゃん、あんたはえらい!Team Heartbreaker hall of fame にノミネートいたしましょう(そんなのない!)。その後、朝6時に帰宅した僕は、90分の睡眠のあと、8:30〜20:30まで仕事をしておりました。とっても長い一日だったです。これも全てサミーの裏切りのせいです。


★ 感想&レポート
まずは、幹事からのレポートです。
 by TOSHIさん
前回の参加者数に気を良くして『今度はもっと広いスペースでの開催を計画するぞ』と意気込んでいたのですが、なかなか取りまとめが上手くいかず、結局同じ場所での開催に落ち着きました。

今回は特別な企画を考えていなかったので、当日の盛り上がりに若干不安がありました。そんな理由から、お店側のスタッフの方達との事前打ち合わせで、『前回は飲む量が少なかったので、今回はジャンジャン飲ませて盛り上げましょう』等という秘密の作戦が練られたのですが...心配は全くの杞憂に終わりました。

もうとにかく飲むは話すは盛り上がるは幹事の話は聞かないはと、無法地帯スレスレのカオスが発生してしまいました。でも決して品の無いものではなく、それなりの節度も守られていたのは「さすがTP&HBファンの集まり」だな〜と、ただただ感心してしまいました(ということにしておきましょう)。

初参加の方も溶け込んで下さったうえに(じゃなくて飲み込まれていた人もいた様な気がしましたが)、『次回もぜひ参加したいです』と言って下さってたのが、とてもとても幹事名利につきるな〜という感じでした。

ほんの少しずつですが、会を重ねる毎に人の輪が広がってきています。あと2回で記念すべき10回目を迎えます。その時には何かスペシャルな事があればなと心密かに思ってます。

そして
 by 虹雲さん
ロックは聞くけどTP&HBは名前しかしらないという人が大多数ではないかと思います。残念ながらTP&HBのライブを日本では見ることができません。しかしながら、TP&HBのスピリッツはこの「オフ会」で十分に感じることができます。この「オフ会」こそがTP&HBの魅力であると断言しても過言ではないと思います。
これからも来日署名キャンペーンを広げる意味でも、TP&HBを感じてもらうという意味でも、できるだけ多くの友人や知人に呼びかける努力をしていきたいと思います。
「オフ会」の挨拶の時も申しましたが、ひとりひとりがそういう努力をすれば確実に輪は広がって行きます。TP&HBのファンがまわりにいない、TP&HBはマイナーだ、ならばTP&HBを知ってもらってファンになってもらいましょう!TP&HBをメジャーにしましょう!そのことが少しではありますが、TP&HBの日本公演の実現に一歩でも近づくことだと確信しております。

☆ さらに『次回は密かに最終兵器(?)とも言えるべき実弟(鶴見のデイブ・デイビス)の参加を考えております』とのこと。おおコワッ、でも楽しみ(というか怖いもの見たさ)。
 オフ会の感想 by なおちゃん
またまた大盛況で、あんまり人数が多くて全員とお話できなかったのが残念でした、が、結構たくさん色々少しづつお話したような、気も、します。シングル版みながら、みんな(女の子軍団)して「この顔ヤバイ」「さわやかすぎる」とか言いたい放題だったのが結構ウケました。どぉーもあんまり濃いい話には入っていけないってのもありますけどね、せつこさん、私達みたいのが架け橋となれば良いのです、外界(?)との、なんつって。
 by ジローさん
◇ 今回のOFF会で、是非にも見たかったもの
Julianさんと虹雲さんのLennon家の、涙の再会&涙の抱擁。
◇ 今回のOFF会での感想(&提案?)
いっぱいで、いっぱいで、みんなとよぅけ話し切らん。
フルーツバスケットを恒例行事にしよう!
◇今回のOFF会で強く言いたかった事
お母さんと一緒の歴代お姉さんの中でNo.1は『神崎ゆう子さん』に決まり!
◇ 次回のOFF会では
事前にハードなスケジュールを入れない事
前に良く寝る事
大人なんだから良く噛んで飲む

初参加の方々から...
 by ENDOさん
初めてオフ会に参加してみて、世の中にこれほど Heartbreakersのファンがいるのかと改めて驚きました。何しろ一般的にはマニアックと思われた話がごく普通にツーカーで出来るというのは20年ファンをやっていて初めて感覚でした。
またプレイヤーとして Heartbreakersの曲を演奏する機会がなかった人が多いことも改めて認識しました(尤も私は、これまで発言する機会・権利があるときは少なくとも1曲は主張するよう努力して来ましたが)。やはり楽器を演る人が結構多くいて、一緒に演る機会がありそうなことに非常に期待がもて、またそのような人たちと会う機会がもてたことを非常に喜んでおります。
今後も出来る限り参加したいと思っておりますのでよろしくお願いします。 Mike先生を敬愛する遠藤でした。
 by かおりさん
私はtom pettyのことはもとより音楽の話を人とする機会がほとんどなかったので、昨日は本当にうれしかったです。みなさん、幅広く聞いてらっしゃるのでお話を聞いていてとてもおもしろかったです。時間があっという間に過ぎてしまった様に感じます。ぜひぜひ次回も参加させていただきたいです。
 by araさん
仕事の関係でかなり遅れての参加になってしまったのですが、自己紹介をした後は「おかあさんといっしょ」の歴代歌のおねえさんは誰がNo.1か?、「フランス語講座」のファビエンヌちゃんはかわいい!、とほとんどオフ会の主旨とは掛け離れた話題しかしなかったような...。次回の会ではもうちょっと本流の話題に乗っかるようにしようと思っています!
☆今回も幹事として、取り纏めをして下さった高橋TOSHIさんに、心より感謝を申し上げます。
次回は絶対、睡眠バッチリ&体調を調えて来て下さいね。

★ お知らせ
第9回公式オフ会(at東京)は… 2000年5月27日開催予定。みなさんの参加をお待ちしています。


copy right (c) 1998-2006 : Here Comes A Heartbreaker!
all rights reserved.