about this website

当サイトの作り(構造など)を簡単にご説明します。閲覧の参考になれば幸いです。サイトの移り変わりも簡単に記載しましたが、とりあえず要点を知りたいという方は<サイトの構造>の項目をご覧ください。

サイトのはじまりと推移

サイトは1997年後半から、初めて購入したPCにバンドルされていた「Homepage Builder」を使って作り始めました。もちろん、私はコンピュータやサイト・デザインの知識・経験などない「ど素人」です。サイトをオープンしたのが1998年1月で、ほぼ最初の一年間で今ある7~8割くらい の内容は固まりました。当初から結構なボリュームのコンテンツがありました。

サイトは順調に推移して適時コンテンツを追加していった結果、土台をそのままに増築工事を行った形になり、時としてサイトの構造が分かりにくくなってしまったと思います。何度かリニューアルもしましたが、時代が技術的に進歩していく中で「時代遅れ感」も多々ありました。2010年以降は多忙が続いたこともあり、メインテナンスが追いつかず、新旧取り混ぜたページが存在したり、リンク切れが多数出ていました。そのボリューム感ゆえに大規模な更新もままならず、心苦しい時期が続きました。

そして、2017年10月からは(心情的に)サイトに向き合うことが難しい状況となります。古びたサイトに新しい情報を書き込んでいく気分にはなれませんでした。時とともに少しずつ気持ちを立て直して、自分のやるべきことを考えたときに、まず考えたのがこのサイトのことです。私にとってもっとも大切な TP&HB のサイトをきれいな状態で保ちたい、今後とも沢山の方に TP&HB の情報を伝えたいとう思いが浮かびました。幸い少し時間にも余裕が出来たので、サイトの再構築を始めることにしました。2019年の夏前でした。

サイトの構造

現行のサイトは wordpress を使って作成しています。多くの記事をブログ投稿の形式にしてカテゴリーに整理しています。技術的に言うと、「Here Comes A Heartbreaker!」サイトは5つの子サイトを寄せ集めた形になっています。一見複雑な作りなのですが、全体がごちゃごちゃしないようにと考えて、カテゴリーに分類したものを集約してあります。(実のところ、元々のサイトもそのような構造ではありました。)

各子サイトごとに概ね3つのカテゴリーを設けています。内容は以下のとおりです。

各ページ上部のグローバルメニュー(青いラインのメニュー)とサイドバーのサイト・メニューおよびカテゴリーから、コンテンツを探すことができると思います。モバイルの場合はメニューとサイドバーという項目が下部のフッターメニューに表示されます。

また、The Wild One、Forever、Dreamville および Swingin’ にはトップページ(Index ページ)を設けていますので、より詳細な内容を確認することができます。(ただし、The Wild 1、Forever、Dreamville は同一のトップページです。)

表記について

基本的にアーティスト名・作品名・人名については原文(英文)で表記します。その他の固有名詞も同様です。地名は日本語で一般的な表記があればカタカナとし、馴染みがなさそうな場合は原文(英文)です。

作品名等の表記:
アルバム名は『』、シングル・曲名は「」または ” ” で括っています。映画・書籍・雑誌・番組名等は「」または[]です。記事タイトル・特記事項などは<>または「」です。

(もちろん、上記ルールから外れるものもありますので、ご容赦ください。)

Under Constraction

2019年11月現在、サイト再構築はまだ途上ですので、部分的に作成中のコンテンツが存在します。追って元々のサイトの内容を転載しますので、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

主な作成中コンテンツは以下のとおりです。また、下記以外でもコンテンツは適宜アップデートします。

  • The Wild 1:
  • Forever:
  • Dreamville: セッション、ブートレッグ
  • Swingin’: ライヴ・レポート、Fillmore Live、Live in Japan、Set List

これ以外にも内容の不足、リンク切れ、画像サイズの問題など不具合は多々ありますが、少しずつ修正していきますので、何卒ご容赦ください。またお気づきの点などあれば、こちらからご指摘いただけますと幸いです。