TP&HB in Bridge School Benefit Concert

Bridge School Benefit Concert は、カリフォルニアにある障害を持つ子供達のための学校「Bridge School」を支援するために、1986年に Niel & Peggy Young 夫妻(当時)の呼びかけで始まりました。(Young 夫妻は自分達の子供をそこに入学させていた。)Young 夫妻の活動は多くのアーチストの賛同を得て、コンサートは毎年開催されるようになり(ただし1987年は開催されず)、2011年で25回目を迎えました。恒例となったこのコンサートは Neil Young のライフワークとも言えるものでした。

このベネフィット・コンサートに、Tom Petty は過去5回出演しています。コンサートが始まった1986年と1989年はTPがソロで、そして1988年、1994年、2000年には TP&HB として参加。

ステージは基本的にアコースティックで演奏されることになっていて、TP&HBも毎回、自身の曲を中心に6~10曲くらいを披露しています。アコースティック調で演奏される”Don’t Come Around Here No More”や”Refugee”などはかなり珍しいもので(ちょっと笑える)、このライヴならではというパフォーマンスです。

14th:2000年 10月 28&29日

  • 会場: Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA
  • 出演: Tegan & Sara、Foo Fighters、Beck、Neil Young、Red Hot Chili Peppers、Tom Petty and the Heartbreakers、Dave Mathews Band、CSNY

ライヴ後のレヴューなどはまずまずです。メンバーは(いつもと変わらず)Tom、Mike、Benmont、Howie に、Scott Thurston、Steve Ferrone。
でも、TPの外見はちょっと変化してました(髪の毛が随分と短くなった)。

set list

Oct. 28

  1. Baby, Please Don’t Go
  2. A Face in the Crowd
  3. Mary Jane’s Last Dance
  4. Little Red Rooster
  5. To Find a Friend
  6. I Won’t Back Down
  7. I Still Miss Someone
  8. Breakdown

Oct. 29

  1. Baby, Please Don’t Go
  2. A Face in the Crowd
  3. Mary Jane’s Last Dance
  4. Little Red Rooster
  5. To Find a Friend
  6. I Won’t Back Down
  7. Breakdown

8th:1994年 10月 1&2日

  • 会場: Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA
  • 出演: Peter Droge、Mazzy Star、Ministry、Indigo Girls、Tom Petty and the Heartbreakers、Pearl Jam、Neil Young & Crazy Horse
  • TP&HB TP – Acoustic Guitar、Mike – Guitar, Mandolin、Benmont – Piano、Howie – Base、Stan – Drums, Percussion、Scott Thurston – Acoustic Guitar, Harp

この年からコンサートは2日間の日程で行われることになりました。残念ながら、これがStan LynchのTP&HBで最後のステージです(この直後に脱退)。画面が暗くてStanの表情は伺えませんが、以前のような溌剌とした印象はありません。

アコースティック系の楽器を使いながらも、以前のように「まさにアコースティック」といった感じではなく、かなり原曲に近いアレンジでした。それもあってか意外性はありませんが、いつもながらの素晴らしい演奏を披露。観客のノリも良く、”Girl On LSD”などはものすごい盛り上がりでした。

set list

Oct. 1

  1. King’s Highway
  2. Free Fallin’
  3. Mary Jane’s Last Dance
  4. I Won’t Back Down
  5. You Don’t Know How It Feels
  6. Learning To Fly
  7. Time To Move On
  8. Girl On LSD
  9. Runnin’ Down A Dream

Oct. 2

  1. 13 Days
  2. King’s Highway
  3. Mary Jane’s Last Dance
  4. I Won’t Back Down
  5. You Don’t Know How It Feels
  6. Learning To Fly
  7. Time To Move On
  8. Girl On LSD
  9. Runnin’ Down A Dream
  10. [encore] Free Fallin’

3rd:1989年 10月 28日

  • 会場: Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA
  • 出演: Neil Young、Sammy Hagar、Tom Petty、Tracy Chapman、CSNY

この時は再び TP がソロで出演したのでしょうか(出演者のクレジットは Tom Pettyとなっています)。内容は未確認ですが、以下の7曲を演奏したようです。”Sin City”は Flying Burrito Bros.のカバーだそうです。

オープニングでは、Neil Young がピアノ&ボーカルで Bob Dylan の”Everything Is Broken”を演奏し、TPがコーラス、Sammy Hager がアコースティック・ギターで加わりました。

set list

  1. Even The Losers
  2. I Won’t Back Down
  3. Listen to Her Heart
  4. Sin City
  5. Something In The Air
  6. Alright For Now
  7. Free Fallin’

2nd:1988年 12月 4日

  • 会場: Oakland Coliseum, Oakland, CA
  • 出演: Neil Young、Nils Lofgren、Billy Idol、Bob Dylan and G.E.Smith、Jerry Garcia and Bob Weir、Tom Petty and the Heartbreakers、Tracy Chapman、CSNY
  • TP&HB TP – Acoustic Guitar、Mike – Acoustic Guitar、Benmont – Piano、Howie – Lap Steel Guitar、Stan – Acoustic Guitar

第2回には TP&HB で出演。TP のソロもいいけど、やはり HB が一緒だと安心感があります。

アコースティックで演奏される”Refugee”や”Don’t Come Around…”はかなり珍しい。”Refugee”のあまりの迫力の無さに思わず笑ってしまったのは私だけでしょうか??

set list

  1. Even The Losers
  2. Blue Moon Of Kentucky
  3. The Wild One, Forever
  4. Refugee
  5. Don’t Come Around Here No More
  6. The Waiting

1st:1986年 10月 13日

  • 会場: Shoreline Amphitheater, Mountain View, CA
  • 出演: Neil Young、CSNY、Nils Lofgren、Don Henley、Tom Petty、Robin Williams、Bruce Springsteen

Bridge School Benfit の第1回目。TPはソロとして登場、アコースティック・ギター1本で弾き語り。途中から Benmont がピアノで加わります。TPがソロでステージに立つのは珍しく、少しだけ心もとない雰囲気が漂っています。

set list

  1. American Girl
  2. Blue Moon Of Kentucky
  3. Shadow Of A Doubt
  4. The Waiting
  5. It’ll All Work Out
  6. Twist And Shout