Other Live

通常のツアーとは違った特別な形のライヴを取り上げます。こちらには<Other Live>として小規模ライヴ、ベネフィット、トリビュート以外のライヴを掲載します。

Oracle Appreciation Event

  • date & place 2011年 10月 5日 Treasure Island, San Francisco
  • Oracle社が年一回開催する「Oracle Open World」という大規模展示会の一環として行われるイベントに出演。内容はフルのコンサートで16曲+アンコール1曲を演奏しています。

Super Bowl XLII

  • date & place 2008年 2月 3日 University of Phoenix Stadium, AR
  • 第42回スーパーボウル(NFLの優勝決定戦)のハーフタイムショーにて演奏。少々硬さはあったものの、いつもの彼らと変わらない気負いのない演奏を見せてくれました。特別な演出はなく(曲目も予想通りですが…) シンプルに音楽を聴かせるスタイルは彼らならでは。大舞台をきっちりこなしてくれました。 メンバーは TP、MC、BT、ST、SF、RB。
  • <演奏曲> Amrican Girl / I Won’t Back Down / Free Fallin’ / Runnin’ Down A Dream

Soundstage

  • date & place 2003年 4月 21日 シカゴ WTTW スタジオ
  • 「Soundstage」というTV番組収録のためのスタジオ・ライヴが行なわれ、直前に行われたシカゴ Vic Theater でのライヴ同様、カヴァー曲を含めた珍しい曲が多数演奏されました。
  • このライヴ(番組)の模様は DVD / ビデオ「Sound Stage」として発売されました。

Home Coming Concert

  • date & place 1992年 11月 2日、4日 Stephen C O’Connell Center, Gainesville, FL
  • TP の出身地であるゲインズヴィルでのライヴ。
  • 11月4日はラジオ中継があったこともあり、音源がブートレッグとして出回っています。
  • <演奏曲(11/4)> Love Is A Long Road / Into The Great Wide Open / Listen To Her Heart / I Won’t Back Down / Free Fallin’ / Psychotic Reaction / Death Ray Boogie (Benmont’s Boogie) / Don’t Come Around Here No More / Something In The Air / Mary Jane’s Last Dance / Kings Highway / A Face In The Crowd / Ballad Of Easy Rider / Take Out Some Insurance / 13 Days / Southern Accents / Yer So Bad / Drivin’ Down To Georgia / I’m Lost Without You / Refugee / Runnin’ Down A Dream / Learning To Fly / Rainy Day Woman #12&35 / American Girl / Alright For Now

US Festival

  • date & place 1982年 9月 4日 Glen Helen Regional Park, Devore, CA
  • 25万人の観客を動員した大規模なフェスティバル 。TP はステージを走り回っての熱演。
  • * 名称はアス・フェスティバル 。Apple の共同創立者の1人である Steve Wozniak が費用を全額自費で支払い、 Bill Graham が全面協力して開催実現した。
  • <演奏曲> A One Story Town / A Woman In Love / Kings Road / Breakdown~Hit The Road Jack / Refugee / Shout / So You Want To Be A Rock’n’Roll Star / Even The Losers