Tour Summary : 2013

Tour 2013 (North America)

outline

  • tour: ニューヨーク、ロサンゼルスの連続公演を含む小規模な北米ツアー
  • schedule: 5/16 ~ 6/ 29 北米 12都市 21公演
  • 演奏曲数: 16~23曲 / 平均 20.4曲
  • ランキング:
  • TP&HB Tom Petty、Mike Campbell、Benmont Tench、Scott Thurston、Steve Ferrone、Ron Blair
  • opening act: The Smithereens (5/16、6/15、6/18、6/20、6/28、6/29)、The Wallflowers (6/23)

detail

< REPORT >
  • 長年コアなファンの間でささやかれていた不満(演奏曲がヒット曲に偏り、セットリストが固定化)に答えを出すべく、比較的小規模な会場での連続公演(Residency)を実施。ニューヨークの Beacon Theatre で5公演 + ロサンゼルスの Fonda Theartre で6公演の計11公演が行われました。

    同時期の Mike Campbell へのインタビューで、Mike が Beacon Theartre のライヴを評して「We’re free from “Free Fallin'”(”Free Fallin’からの解放)」と語っていたのが非常に象徴的でした。(実際に連続公演では “Free Fallin'” は演奏されず。)バンドも小さな会場に腰を落ち着けて「ルーチン以外の曲を演奏する」という楽しみを味わっていたようです。

    連続公演でのセットリストは従来に比べて柔軟に変更されており、大規模なツアーでは演奏されない珍しい曲目も披露され、Fillmore や Vic Theartre の再現と多くのファンに喜ばれました。ただし、演奏曲目を見ると完全な初披露(カバー)は2曲程度で、過去に演奏したことのある曲の焼き直しが多かったように思います。TP&HBはどちらかというと彼らの古い曲やあまり演奏してこなかった曲を演奏することに重きを置いていたのかもしれません。

    連続公演の前後は、フェスティバルを含む10公演のみ、北米を限定的にツアー。2012年に続いて USツアーは小規模でした。ちなみに、その10公演では、”Free Fallin'”が元通りにセットリストに収まっていました。
< STAGE SET >
  • 今回は連続公演やフェスティバルがメインのため、特別なセットは用意しなかったのではないかと思われます。ステージ上の装飾はごくシンプルで、2012年の劇場をイメージしたセットデザインに近かったようです。
< OPENING ACT >

very special guest

< LINKS >

tour schedule

no. date city venue opening
1 Thu, 5/16 Evansville, IN The Ford Center The Smithereens
2 Sat, 5/18 Gulf Shores, AL Hangout Music Festival
3 Mon, 5/20 2124 Broadway,
New York, NY
Beacon Theatre
(Capacity: 2,800)
4 Tue, 5/21
5 Thu, 5/23
6 Sat, 5/25
7 Sun, 5/26
8 Mon, 6/3 6126 Hollywood Blvd., Hollywood, CA Fonda Theatre
(Capacity: 1,350)
9 Tue, 6/4
10 Thu, 6/6
11 Sat, 6/8
12 Sun, 6/9
13 Tue, 6/11
14 Sat, 6/15 Noblesville, IN Klipsch Music Center

The Smithereens

15 Sun, 6/16 Manchester, TN Bonnaroo Music and Arts Festival

16 Tue, 6/18 London, ON, Canada Budweiser Gardens

The Smithereens

17 Thu, 6/20 Pittsburgh, PA  
18 Sat, 6/22 Dover, DE Firefly Music Festival
19 Sun, 6/23 Saratoga Springs, NY Saratoga Performing Arts Center The Wallflowers
20 Fri, 6/28 Milwaukee, WI Summerfest The Smithereens
21 Sat, 6/29 Minneapolis, MN Target Center

Highway Companion Club によるプレセールスは、3日間の初日が「legacy」会員専用、残る2日は「Standard」会員を含めての発売。一般発売はプレセールス翌日。Beacon Theartre、Fonda Theartre は抽選による発売となった。

songs

<21公演の演奏回数>
21 So You Want To Be A Rock & Roll Star、Love Is A Long Road、A Woman In Love (It’s Not Me)、Tweeter And The Monkey Man 4曲
20 Rebels、I Should Have Known It、Refugee、Runnin’ Down A Dream、American Girl 5
15 You Wreck Me 1
12 I Won’t Back Down、Melinda 2
11 Here Comes My Girl、Mary Jane’s Last Dance 2
10 Free Fallin’、Learning To Fly、Yer So Bad、Don’t Come Around Here No More 4
9 Listen To Her Heart、Cabin Down Below、Good Enough、Baby Please Don’t Go 9
6 The Best of Everything、It’s Good To Be King、Friend of the Devil、(I’m not your) Steppin’ Stone、Willin’ 5
5 I Just Want To Make Love To You、I’d Like To Love You Baby 2
4 Angel Dream、Wildflowers、Two Gunslingers 3
3 Billy the Kid、Time To Move On、Fooled Again (I Don’t Like It) 3
2 Crawling Back To You、Don’t Do Me Like That、Have Love Will Travel、Honey Bee、House in the Woods、Kings Highway、Saving Grace、Something Big、Takin’ My Time、To Find A Friend、Walls、When A Kid Goes Bad、When The Time Comes、Born In Chicago、Carol、Green Onions、The Image of Me、Thirteen Days 18
1 Down South、Girl on LSD、Louisiana Rain、Nightwatchman、Spike、The Damage You’ve Done、Around And Around、I Got A Woman、I Want You Back Again、Knockin’ on Heaven’s Door、Mystic Eyes 11

やはり「連続公演に尽きる」といった内容です。 8曲が全公演で演奏されているようにセットリストの半分は固まっていたことになりますが、それ以外の曲の入れ替えが柔軟に行われたことで「日替わり」的な印象がありました。特に、全公演を通じて、1~2回しか演奏されなかった曲数が、30曲!にもなります。それだけでも嬉しい出来事です。
一方で、初めてライヴで演奏された曲は、”(I’m not your) Steppin’ Stone”と”Willin'”くらいでしょうか。確かにレアな曲もありましたが、お馴染みの曲が多かったのも事実。さらには、演奏曲数がきっちり20~22曲程度に決められているのも、Fillmore とは違うと感じる所以であり、ファンとしては「もう少し…」と欲張りに思ったりする部分です。2014年の演奏曲がどのようになるのか… 非常に気になります。

<アルバム別演奏曲>
I Should Have Known It、Good Enough、Takin’ My Time 3曲 Saving Grace、Down South 2曲
Have Love Will Travel、When A Kid Goes Bad 2 Billy the Kid 1
Walls、Angel Dream 2 You Wreck Me、It’s Good To Be King、To Find A Friend、Time To Move On、Cabin Down Below、Crawling Back To You、Honey Bee、House in the Woods、Wildflowers 9
Mary Jane’s Last Dance 1 Learning To Fly、Kings Highway、Two Gunslingers 3
I Won’t Back Down、Free Fallin’、Runnin’ Down A Dream、Yer So Bad、Love Is A Long Road 5 The Damage You’ve Done 1
Rebels、The Best Of Everything、Don’t Come Around Here No More、Spike 4 A Woman In Love、Something Big、Nightwatchman 3
Here Comes My Girl、Refugee、Don’t Do Me Like That、Louisiana Rain 4 Listen To Her Heart、When The Time Comes 2
American Girl、Fooled Again (I Don’t Like It) 1 Tweeter And The Monkey Man 1
others Melinda、Girl on LSD 2      
cover So You Want To Be A Rock & Roll Star、The Image of Me、Around And Around、Baby Please Don’t Go、Born In Chicago、Carol、Friend of the Devil、Green Onions、I Got A Woman、I Just Want To Make Love To You、I Want You Back Again、I’d Like To Love You Baby、Knockin’ on Heaven’s Door、Mystic Eyes、(I’m not your) Steppin’ Stone、Thirteen Days、Willin’ 17

取り上げたアルバム数も曲数も、ここ数年に比べて格段に増えました。全アルバムから少なくとも1曲以上エントリーし、かつ万遍なく分布しているのは、やはり特筆するべきところ。また、カバー曲数が17に上るのも例年とは違っていました。この傾向がさらに続くことを願っています。

photos

* 写真の多くはオフィシャル・サイトからお借りしました