Tour Summary : 2012

Tour 2012 (North America & Europe)

outline

  • tour: 20年ぶりのヨーロッパツアーとそれに先駆けての北米ツアー
  • schedule: 4/18 ~ 5/ 5 北米9都市 10公演
     5/31 ~ 6/ 3 カナダ2都市 3公演
     6/ 7 ~ 6/30 ヨーロッパ9ヶ国(13都市) 14公演
  • 演奏曲数: 19~23曲 / 平均 19.9曲 (US 20.8曲、CA 20曲、EU 19.2曲)
  • ランキング:
  • TP&HB Tom Petty、Mike Campbell、Benmont Tench、Scott Thurston、Steve Ferrone、Ron Blair
  • opening act: Regina Spektor(U.S. tour)、Blind Boys of Alabama(Canada)、Jonathan Wilson(Europe)

detail

<お断り> 管理人は都合により 2012年のライヴを観ることが叶いませんでしたので、ニュース・映像等で確認した情報をもとに記事を書いています。よって、「ライヴ・レポート」もありません。

< REPORT >
  • 1992年の「Touring Great Wide Open」以来、20年ぶりとなるヨーロッパ・ツアーがついに実現。9カ国13都市のライヴはほぼソールド・アウト状態で、待ち望んでいたヨーロッパのファンたちに歓迎されました。その分、アメリカ・カナダは限定的なスケジュールとなり、わずか13公演が行われたのみでした。

    演奏曲目は、新譜のリリースもないため前回(2010年)ツアーを踏襲した内容でしたが、ツアー先に合わせて細かなスイッチを行うなど、セットリスト固定化問題(?)は若干改善したように思います。詳細は「Songs」(↓)をご覧ください。

    TP&HBは久しぶりのヨーロッパを楽しみながら、余裕をもってツアーを行っていたように思います。目新しいことはありませんが、これまで築き上げてきたものを披露することで、多くのファンを喜ばせ感動させました。デビュー以来一貫して第一線で活動を続けてきた彼らだからこそでしょう。

    途中、ロンドンでは Steve Winwood が、アムステルダムでは Eddie Vedder がゲスト参加したり、ニューオーリンズやワイト島の歴史的なフェスティバルに出演するなど、話題性も十分でした。
< STAGE SET >
  • 今回は見てのとおり劇場をイメージしたセットデザイン。幾重ものドレープが広がるカーテン風の装飾はデコラティブに見えますが、セットの作りとしてはかなりシンプル。最近多用していたモニターによる映像投射の演出も控えめで、その分カラフルなライティングを使用しています。
    ステージ・デザイン&ライティングについては、オフィシャルサイトで公開している「リハーサル映像」の中で担当の Jim Lenahan が説明していますので、興味のある方はご覧になってください。
<OPENING ACT>

very special guest

< LINKS >

tour schedule

no. date city venue opening
1 Wed, 4/18 Broomfield, CO 1st Bank Center Regina Spektor
2 Thu, 4/19
3 Sat, 4/21 Little Rock, AR Verizon Arena
4 Tue, 4/24 Albuquerque, NM Tingley Coliseum
5 Thu, 4/26 Wichita, KS INTRUST Bank Arena
6 Sat, 4/28 New Orleans, LA New Orleans Jazz & Heritage Festival
7 Sun, 4/29 Alpharetta, GA Verizon Wireless Amphitheater at Encore Park Regina Spektor
8 Tue, 5/01 Estero, FL Germain Arena
9 Thu, 5/3 Orlando, FL Amway Center
10 Sat, 5/5 Austin, TX Frank Irwin Center
11 Thu, 5/31 Halifax, NS Halifax Metro Centre Blind Boys of Alabama
12 Sat, 6/2 St. John’s, NL Mile One Centre
13 Sun, 6/3
14 Thu, 6/7 Dublin, IR O2 Arena

Jonathan Wilson

15 Fri, 6/8 Cork, IR The Marquee
16 Sun, 6/10 Hamburg, GER O2 World
17 Tue, 6/12 Horsens, DK Open Air
18 Thu, 6/14 Stockholm, SWE The Globe
19 Fri, 6/15 Oslo, NOR Norwegian Wood Festival  
20 Mon, 6/18  London, UK Royal Albert Hall Jonathan Wilson
21 Wed, 6/20
22 Fri, 6/22 Newport, UK Isle of Wight Festival  
23 Sun, 6/24 Amsterdam, NL Heineken Music Hall Jonathan Wilson
24 Mon, 6/25 Cologne, GER Lanxess Arena
25 Wed, 6/27 Paris, FR Grand Rex
26 Fri, 6/29 Lucca, IT Piazza Napoleone
27 Sat, 6/30 Mannheim, GER SAP Arena  

チケットの発売(プレセールス、一般)は12月後半から1月中旬にかけて順次行われた。
当初は、6月24日にスイスのチューリッヒ公演が行われる予定だったがキャンセルとなり、後にオランダ・アムステルダム公演に振り替えられた。

songs

<27公演の演奏回数>
27 Listen To Her Heart、You Wreck Me、I Won’t Back Down、Here Comes My Girl、Handle With Care、Something Big、Free Fallin’、Learning To Fly、Yer So Bad、I Should Have Known It、Good Enough、Refugee、Runnin’ Down A Dream、Mary Jane’s Last Dance、American Girl 15曲
18 It’s Good To Be King 1
14 Something Good Comin’ 1
13 I’m A Man、Oh Well 2
10 Don’t Come Around Here No More 1
9 Spike 1
7 Travelin’ Light 1
6 Lover’s Touch 1
5 Have Love Will Travel、Time To Moove On 2
4 The Best of Everything、You Don’t Know How It Feels 2
3 Saving Grace、Carol 2
2 To Find A Friend、Kings Highway、Two Men Talking 3
1 Takin’ My Time、Melinda、Cabin Down Below、The Damage You’ve Done、Crawling Back To You 3

まず嬉しい傾向として… 演奏曲数が2010年ツアーの平均17.8曲から、19.9曲へと増加しました。前回ツアーが約4ヶ月46公演と長丁場だった(かつ猛暑による消耗もあった)のに比べて、約2ヶ月27公演という日程の違いが大きいのでしょう。
内容的には、27公演全てで演奏された曲が15曲、1公演平均20曲のうちの4分の3を占め、特に前半5曲とラスト7曲(アンコール前5曲+アンコール2曲)はほぼ不動です。なお、アメリカ・カナダ・ヨーロッパとも演奏曲目の構成は基本的には同じです。曲目の固定率が約9割だった2010年ツアーに比べると流動性はやや高まっており、総演奏曲目数は2010年の25曲から大幅に増加して37曲に及びます。
増加の要因は、固定枠以外(約5曲)で曲目をスイッチしているのと、ツアー先(北米、ヨーロッパ)によって選曲を微調整したためでしょう。これをバラエティに富んでいると見るかどうかは意見の分かれるところですが、今後もこの傾向が続くことを願っています。

<アルバム別演奏曲>
I Should Have Known It、Good Enough、Something Good Comin’、Lover’s Touch、Takin’ My Time 5曲 Saving Grace 1曲
Have Love Will Travel 1 You Wreck Me、It’s Good To Be King、You Don’t Know How It Feels、To Find A Friend、Time To Move On、Cabin Down Below、Crawling Back To You 7
Mary Jane’s Last Dance 1 Learning To Fly、Kings Highway 2
I Won’t Back Down、Free Fallin’、Runnin’ Down A Dream、Yer So Bad 4 The Damage You’ve Done 1
Don’t Come Around Here No More、Spike、The Best Of Everything 3 Something Big 1
Here Comes My Girl、Refugee 2 Listen To Her Heart 1
American Girl 1 Handle With Care 1
others Melinda、Two Men Talkin’ 2 cover I’m A Man、Travelin’ Light、Oh Well、Carol 4

『Wildflowers』の7曲というのが突出して見えますが、このうちコンスタントに演奏されたのは「You Wreck Me」(27回)と「It’s Good To Be King」(18回)のみ。他の5曲は5~1回演奏されただけですが、裏を反すと楽曲が粒ぞろいということなのでしょう。
それ以外では、最新作『Mojo』と『Full Moon Fever』の4曲が目立ちます。相変わらず『FMF』はライヴの中心を担っていますね。演奏された曲目は1曲というのが多いですが、アルバム数自体が増えているのが嬉しいところです。

*上記集計では、「Can’t Find My Way Home」「Gimme Some Lovin’」(6/20)、「The Waiting」(6/24)は除外しました。

photos

* 写真の多くはオフィシャル・サイトからお借りしました